FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

最強の野宿


2014年6月3日アメリカ自転車縦断&横断
34日目 in  グランドキャニオン  これが噂のキャニオン晴れ



昨日の寝床を考えていたらいい所を閃いた。





{FECE6BC4-4563-4B3A-B204-1D0E36B359B9:01}

グランドキャニオンが見える断崖のすぐ近く。


ここしかないと思ってしまいすぐテントを張った。




ワクワクして寝袋にくるまって寝ようとして一時間後、、、






ブォーブォー!!!!!!




風やばいすぎ。


風のことを完全に考えていなかった。


マイホームぶち壊れそうな勢いで吹き続ける。



グランドキャニオンの洗礼ってやつね。


でも後悔なんかしてない。
こんな贅沢な場所に寝れるんだ。


深夜になっても風は止む所が強まるばかり。

テントの四隅に自分の荷物を散りばめて置き、上の方をずっと手で押さえるといったただの修行でしかない苦行を乗りきり、ついに朝日の時間。


ほとんど寝ないで、肩筋肉痛って。



最強の野宿場所にも程がある。




でも待ちに待った朝日がそぐそこに。








{7C981223-FA51-4E63-A362-B15E980E3B68:01}



自分がテントを立てた場所は観光客もいなく、早朝のこの時間帯はまだほとんどの人が活動していない、人の息がかかっていない至って純粋な朝の空気。



そんな状態で見る朝日とグランドキャニオン。


修行を乗り越えただけはあった。


昨日は昼の時間帯、夕暮れ、そしてこの朝日、3つの瞬間を見たがどれも見せる顔が
違う。


自分は全部回れなかったけど、もっと色々なコースがあって色々な角度から見れるらしい。


でもこの3つのタイミングを見れることができ、充分満足。




グランドキャニオン。

人の人生にまで影響を与えてしまう可能性のある自然の産物。


人生にどうこうは分からないけど、ずしりと重みのあるパワーを頂いた。



グランドキャニオンを離れる瞬間、自然と笑みが出る。


充実感は体が感じている。



本当に来て良かった。





そして、グランドキャニオンを離れフラッグスタッフに戻る。



{1FF61F33-B25A-4E7D-AF66-A903FC708381:01}


ありがとう。
【 2018/08/28 18:26 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< バック撃沈 | ホーム | 鴨二とキャニオン >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |