FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

アメリカ西海岸の終わり

2014年5月28日アメリカ自転車縦断&横断
28日目 in ロサンのゼルス

昨日考えてたら、いつの間にか寝ていた。


朝起きても、相変わらず高い天井。


昨日の夜、ジョセフの奥さんキャサリンに


「絶対夜中玄関のドアを開けないように。」


っと念を押された。


もし開けたら銃を持ったセキュリティの方が直ちに駆けつけてくると。笑


自分、そんな家にいます。



朝、ジョセフがサンドウィッチを作ってくれる。


マイフレンズと呼びながらフランクに接してくれる。


聞かなかったけど、何で自分を家に泊まらしてくれたんだろう。


不思議でしょうがない。




他にも日本人の親しい友達がいると言っていた。


その人のおかげかもしれないけど、日本人ということで信頼してくれている所もあると思う。


これは自分が勝手に考えていることだけど、お世話になる人達、出会った人達に対して日本人という信頼を損なわないように接しようと思っている。


もしかしたらその接した人にとっては日本人に会ったり、一緒に生活したりは始めてかもしれない。


自分が適当なことをやったらその人達にとってそのまま日本人のイメージに繋がってしまう気がするから。


そんなことを勝手に考えています。



朝食を食べながら奥さんのキャサリンとも話す。

何で旅をやろうと思ったの??
両親は心配してないの??
ご飯は食べてるの??


ものすごく心配してくれて、なんでこんなことをやっているのか信じられないと言った感じ。

そりゃ、なんで??の嵐にもなるわな。


自分の感情を正確に伝える英語力はまだ持ち合わせてなくて、細部の感情は上手く伝えられないので、全てを要約して、


『アドベンチャー イズ マイライフ』


と伝えました。


のんびりしていけばいと言ってくれたけど、これ以上こういう環境にいたら抜け出せなくなりそうなので、すぐ準備をして出発することに。


{20240D44-73A2-47C6-A8DA-F200AE7EF673:01}


「マイフレンド、なにかあったらまた電話してきな!」


そう言ってくれるジョセフ。


全く気どらず自分のことをマイフレンドと言って、親しく接してくれるジョセフ夫妻。

こんなことを文に書いてる時点で自分がお金を持ってる人達に対して偏見を持ってたのかもしれない。

昨日の件に関しては中々ダメージは大きかったけど、世の中には様々な人達がいるという意味で良い経験になったと思う。


当たり前だけど物事は順調なことばかりではない。


目の前に起きたことを受け入れて前に進んで行くしかないんだ。



ジョセフさん、キャサリンさん、ありがとうございました!!!






2日間ロサンゼルスにステイする形になったけど、貴重な体験をさせてもらった。



日々色々なイメージが覆えされる。


頭の中だけの知識なんてちっぽけだ。









ということで西海岸ルートの旅は終了。


ここまで約2500km、3分1が終了。


改めてよくここまで来たと思う。



でもここからがある意味本番。


ここから東に横断してニューヨークを目指す。


こっからの内陸地帯は今までの2倍か3倍は厳しくなる。


100km以上町がない場所は当たり前、道もろくに舗装されていないとうような場所。



変なクソ意地張って、どうにもできなくなるというような状況になったら元も子もないので、最初に言った通りここからはヒッチハイクもしていく。



とりあえず今日から2日かけてラスベガス手前の町、バーストーいう町に向けて出発。


{6DA49439-FDBD-4F2E-843F-6A70E2F96306:01}

{BD4FDF99-31E5-49DF-B69C-0049002E92FD:01}


やはり大都市には必ずあるビル群。
そして交通ルートありすぎて、訳分かんなくなりロサンゼルス出るまで3時間程時間を費やす。




今日は山を超える前の町エディワンダという町で野宿。


マックが近くにある林の茂みでこっそりと野宿。



あーー、いいお湯に浸かった後のこのギャップが1番しんどいんだよな。



今までのは特別。
これが普通なんだと言い聞かす。


人の親切に依存をしてはいけない。





人の温もり………。。。



皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/08/22 18:30 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 北斗の拳の世界 | ホーム | ハリウッドの高い天井 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |