FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

ロサンゼルスと大阪カップル

2014年5月26日アメリカ自転車縦断&横断
26日目 in サンタバーバラ


ここはサンタバーバラ。
2日前に16歳の少年が乱射し、学校の生徒7人の死亡者を出した事件があった場所。

ここはアメリカ。ガン社会。
こういう事件を聞く度にここはアメリカだと思い知らされる。
ロサンゼルスに向けて緊張感も高まる。



今日頑張ったらロサンゼルスに着けるんだけど、夜に着くのは避けたいので、手前まで行って泊まり、明日のお昼頃につくようにする。



サンタバーバラ~ロサンゼルス間、やはり大都市に向けて町も活性化していく。
ビーチ、観光客、ヤシの木、南国のリゾート地を連想させる。



そしてその間の町、ベンチュラという町で休憩と昼食をとる。
公園を見つけ日陰のベンチに直行。

っと同時に自分と同じくそのベンチで昼食をとろうとしている、おじさんと同時にベンチに着く。

思わず、ここ座ってもいいですか?と聞いてしまった。

もちろん!と言われおじさんと一緒に昼食をとる形に。


いつものように、どこから来たんだい?という話から会話がスタート。


身なりもピシっとしていてダンディーな風格を漂わせるおじさん。

ここベンチュラでバイクショップを経営していて、ロサンゼルスのハリウッドに住まいを持っている。



ロサンゼルス!?

っとここで少しお願いをしてみる。

「自分がロサンゼルスに着いたら訪ねてみてもいいですか??」


「OKOK!じゃあ住所と電話番号渡すから着いたら連絡してくれ!」



マジかーー!!!
まさかまたこんな出会い方するなんて。


おじさんの名前はジョセフでイスラエル出身。
俺のことをヨシという。
どうやらこっちの人はジという発音が難しいらしく、たいていの人がヨシという。



明日伺うことを約束して別れる。


{021CC799-A3FD-4307-9CC0-8E2C5E31BE74:01}


時間ももう6時。ここら辺のビーチで寝床を探そうとするが、ビーチは全部野宿は禁止らしいのでキャンプサイトを探すことに。

するとビーチから帰ってくるおそらく日本の方だと思う人にキャンプサイトを訪ねる。

案の定、やはり日本人。

LAのダウンタウンの美容専門学校に通っている生徒の方とスタイリストさんとその学校の卒業生。


色々話しているうちに、その卒業生の女の子が

「良かったら車乗ってきます??そんで、もし泊まるとこなかったら家に来ますか?」


怒涛、怒涛!!!



っでもいきなりみず知らずの男が女の子の家にいくなんて、やっぱりいけないというか、しかもかなり若い感じだし、物事には順序というのがあって、俺にも心の準備というのがあるし、親御さんにもちゃんと一回会って、こういうのは日本男児として筋を通すというのが基本だと、、、、



「彼に連絡しますね!!」



ですよね。



彼女の名前はゆりちゃん、こっちでネイリストをやってて、有名なセレブを相手にネイルをしたりしてるらしい。
あっ店の名前忘れた。とにかく有名らしい。


若いんだけど、しっかりしてる。運転してる姿が既に様になってる。
高校生からこっちで生活してるだけあるよな。
俺が高校生で海外で生活してたら毎日泣いてるよ。
しかもいきなりこんな訳の分からない自分をあっさり受け入れてくれるなんて。



そんなゆりちゃんと車の中で話してると、気づいたらロサンゼルス突入。


ロサンゼルス感全く感じず、


あっ、てな感じで突入。



仕事終わりの彼を向かいにマックへ。


彼氏がいる女の子の家に行くなんて、流石に気を使うなーと思っていると、彼氏登場。

名前はたかくん。

2人とも大阪出身。大阪カップル。


たかくん、合流してすぐ俺そっちのけで、ゆりちゃんがビーチで止めていた時に駐禁切られたことに怒る。


ある意味気遣う。



話してくうちに打ち解け、2人とも俺に気を遣わせないで、気を遣ってくれる。


そんな2人の中で楽にいれる。
この旅してること忘れそうなくらい。


しまいにはゆりちゃんが


「鍋やりましょう!!」っと言いってくれて、


興奮MAX。



鍋って熱いお湯の中に色々な具材を入れて
ポン酢に柚子胡椒とかつけちゃった時には乙だねとか言っちゃって、みんなで囲んて食べると更に美味しいやつでしょ!!




そして3人でLAのリトル大阪と呼ばれる場所に食材を買いに。

大阪もあんまし行ったことなくてなんとも言えないけど、それ以上にリトル大阪、なんとも言えない場所だった。


ダイソーがありました。


そして食材を買って家に。
ちなみに家ビバリーヒルズにあります。


ビバリーヒルズの前でバーベキューしてやるとか言って本当にすみませんでした。


自分は今焼肉ではなく鍋を食しています。泣



あーー泣いていいですか。



さらにゆりちゃん


「ご飯もありますよ!」


ふっくらして輝いているお米の上品なこと。


1人でお米を食べてしまった。


さらにたかくんとお酒をだいぶ飲み、かなりいい感じになる。


気の緩み方がハンパじゃない。


気づけばたかくんともコアな話をしていた。


たかくんはこっちでJapaneseマーケットで働きながら、仕事の前、休みの時にはサーフィンをしている。
ゆりちゃんもサーファー。


二人でサーフィンとかシャレオツすぎ。


二人共こっちのスローライフの方が合うらしい。
自分に合うライフスタイルを見つけらるのは幸せだよな。




たかくん、ゆりちゃん、心広すぎ。






そしてベロベロな状態でソファーベットに横になり、5秒で夢の中に。


皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/08/20 14:44 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< ハリウッドの高い天井 | ホーム | バイバイ、ルート101 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |