FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

野宿の特典

4月11、12 日本一周自転車御礼旅 in名古屋 7、8日目 
現在横浜〜300km

昨日は銭湯に入った後、夕食を食べようと思い定食屋を探していたんだけど、見つからず、でも味噌カツを食すことができました!!

松乃家ーーー!!!

バリッバリの全国チェーン店。。でも美味いからなんも言えん。

そしてそのあとは都内では見かけない、亜熱帯という漫画喫茶に宿泊。

ちなみにアメリカ自転車旅の時は3ヶ月の内、半分が野宿でした。
今回も一応テント、寝袋と野宿セットは持ってきているんだけど、一応御礼旅ということと、映画のこともあるので自分に何かあったらまずいということで、控えています。
どうしても周りに泊まれる場所がない時の非常事態ということで。

ただアメリカでの野宿を思い出すと、恐ろしわ。
やっぱり銃社会の怖さは脳裏に刷り込まれてるから、常に頭にチラついてたし。
だからアメリカでの野宿は熟睡できなかったし、朝起きて体力的、精神的にどっと疲れるというただの修行でしかなかった。
それに比べて日本は確かにそういう意味の怖さはない。

ただ野宿だからこそ得られる経験もあるんだよなー。

野宿をすると得られること
1、マッチ棒の少女がマッチに火をつけた時の安心感がたまらなく理解できる。
*野宿5日間した後の家で休ませて頂いた時の心の落ち着きようは半端じゃない。

2、圧倒的孤独がもれなくついてくる。
*これを乗り切ると鋼のメンタルがつく。っという錯覚で強くなった気分になれる。

3、虫??それがどうかしたの?っという心のキャパシティーが広がる。
*夏場とか必ず朝起きるとなんかの虫がいます。

野宿をすると上記特典がついてくるのでもし興味がある方は是非。


まーこんなふざけたこと言ってるけど、よく言われる、それまで短なもので当たり前だったものに対して、少なからず少しのありがたみは感じれると思います。
おすすめはしませんが。

だから今回野宿をしないというのが若干もの足りないという変な感覚はあります。

と言いながらすると思いますが。


翌11日は名古屋のミニシアターの名古屋シネマスコーレへ。

そもそもミニシアターとはなんぞや??というところなんですが、簡単にいうと大手映画会社の直接的な影響下にないという定義としあります。
例えばシネコン(正式名称シネマコンプレックス)と言われる、TOHO、イオン、109シネマズ、など一個の映画館に対して5以上のスクリーンが設置している場所のことをいうみたいです。
もちろん規模的な意味でも差があるし、
ミニシアターに関してはその映画館の支配人がその映画を流すかどうか選べて、
シネコンに関しては上から流す映画が決定しているという点が一番大きな違い。

だから、ミニシアターではインディペンデント映画と言われる一般の人達があまり知らない映画だったりが流れていることが多い。
そして、今回各ミニシアターを回ってるのも個人的な交渉の余地があるということで回っています。
シネコンは絶対とは言わないが99%、個人的な交渉は難しいと思います。

名古屋シネマスコーレ

2018042118531397a.jpeg 

名古屋駅から徒歩5分、立ち飲み屋の反対側にあり、これぞミニシアターですと言わんばかりの出で立ちで、あります。
直接聞きに言ったんだけど個人的な交渉はできるとのこと。
ただしミニシアターだからと言って全部が交渉できるわけではなく、配給が仲介で入らないとダメな所もあります。


20180421185338a2f.jpeg

そしてデカデカと友達が主演をしている映画の公開予定のポスターが貼ってありました。
現在、
東京 テアトル新宿
名古屋 シネマスコーレ
4月28日〜大阪でやるので是非観に行ってみてください。
『私は絶対ゆるさない』
http://watashihazettaiyurusanai.com/

あタイトルはダイレクトに怖そうですが、かなり話題になっています。


ということで今日は映画館も行けたし、やるべき作業もできたし、良き一日かなと。

ゆっくり日本旅できればいいんですが、こんな感じでも一応映画のプロデューサーなのでやることはやらねば。

明日は三重に行きまっこり!!!



三重といえば、、、、分からん!!



皆川暢二(ミナガワヨウジ)ってだれ?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)

 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル
【 2018/04/12 00:00 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< ゴースト商店街 | ホーム | 子供は宝 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |