FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

旅一番の恐怖

2014年5月19日アメリカ自転車縦断&横断
19日目 in サンタローザ




ということで、昨日18日の金曜日ジェイソンの夜の話、、、




寝床場所が中々見つからずひたすら歩く。
市立公園を見つけた。

ここなら。

っと思ったが人目に結構つくし、こういう公園は必ず警備員が見回りしているので辞める。



とぼとぼ歩いているとその公園の隣に細い坂道があり上に上がれるようになっている。

ここだ。っと思い進む。
{DF751217-F69B-4AB6-B469-D7BC7A08FCCB:01}

写真を撮り忘れたので、この道ではないけど、この道をもっと細くした感じ。



既にヤバい雰囲気を感じながら100mくらい進む。



するとキャンプ場っぽいのがある。



ただ管理者もシャワーももちろんない。


森の中、人もいない。




このシチュエーションもこれはこれでやばい。



もう暗くなってきて他の場所を探すのは無理なのでこの中でいい場所を探す。



進むと自転車と寝袋が見える。


人だ!!!



自分と同じ境遇の人だと思い、寝袋にくるまっている人に話かける。


「すいません、もし良かったらここにテント張ってもいいですか?やっぱり1人じゃ心もとないというか、こういう時はお互い助け合いが必要ですよね、、、



「あっ!?うるせぇ!!他のとこ探せ!!!」




2秒でその場から去る。



よくよく考えたら向こうにとったら水知らない奴が話かけたらそうなるよなとも思う。

向こうだってよく分からん人間は怖いだろう。


とにかくその人から離れ、なんとか落ち着けそうな場所を確保。



周りを気にしつつ、テントを作る作業も自然と早くなる。


テントができあがると即座に寝袋にくるまって寝る。


風で揺れる林の音、たまに鳴る砂利を踏んだ時の音。



無理。


寝れない。


ただでさえ野宿は緊張感が伴うのに、ハードルが高すぎる。


それでも強引に体を鎮めようとする。



そんな時、砂利が鳴る音が強まる。


そして確実にその足音がこちろのテントに向けて強まってくる。


あーー完全に人だ。



こういう時何を考えるか??

1、何人か?どんな人なのかを声から想像すり。
2、気配をかき消し、完全に寝たフリ。
3、ちょっと覗こうとか思わない。


いつものように、1の想像するから入る。


なんか喋ってるんだけど人数は1人。

英語だからはっきり分からないけど、声のくぐもり方から判断して40歳近辺。


ここからが重要。


自分にとって危険がありそうな人物か。




多アリな人物でした。





自分のおそらく約2m横に座り出し、完全に自分に向かってずっと喋っている。



「メラバギヒャドメラミバギマヒャダルコベギラマベギラマベキラマ…………」



ずーーと呪文のように呟いている。


そして時々ヘッドライトを当てながら。




頼むからどっか行ってくれと祈る。

体の筋肉硬直しっぱなし。


アウトドアナイフをゆっくり自分の手元にたぐり寄せてしっかりと握りしめる。



ジェニファーさん、
ジェニファーさんの家汚いとかアスベストとか言ってすいませんでした!ジェニーファーさんの家の方が150倍気持ちいいです!!


なぜかジェニファーさんに心の中で謝る。



そんな訳わかんないことずっと考えて何分経っただろう。



その男の足音が離れていく。



だが


離れていっても安心感は訪れない。


そのままもう寝れず朝に。


日が出てきた6時頃、逃げるようにその場所を後にした。





朝から疲労感がたまらない。


近くのコンビニの前でボーとする。



野宿がトラウマになりそうだ。


ボーとしてると日が昇り太陽の光が差す。


この太陽の日がぬくもりをくれる。


このぬくもりが、唯一の救いだ。


と同時に今日中にサンフランシスコに行かなくてはという思いが湧いてきた。



下を向いてはいられない。


進もう!!!


重い体に強引にムチを振る。



出発!



っで結局今日中にサンフランシスコ着かず。

ルート101走ってたんだけどパトロールの人につまみだされ、遠回りしなきゃいけないハメに。

ルート101自転車も行けるってなったり駄目ってなったり一体なんなんだよ。



今日はヒルバレーで一夜を過ごすことに。


そして潰れた店の裏で野宿。



今日は安眠を!!


アーメン。




皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/08/14 06:09 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< シスコの宿に泊まろう | ホーム | パーフェクトな一日、、、からの >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |