FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

経験

2014年5月16日アメリカ自転車縦断&横断
16日目 

昨日もキャンプサイトに泊まった。

日が沈みやっとの思いで見つけたキャンプサイト。

食料、水と共に丁度無くなる所だったので助かった。


小さいマーケットを通りすぎる時にいつも何かを買っといた方がいいかと考える。
まだ大丈夫かなっていう判断が時として自分を苦しめる。
この考えアブナイ。


今は海岸沿いで暑さも海風、森林の日陰が多いのでなんとかカバーできてる。

たが内陸を横断する時はそうはいかないだろう。
そろそろ内陸のハードさも想定しとかないといけない。



朝8時出発!

ルート101も後半。そろそろサンフランシスコも視界に入ってきた!

ペダルを漕ぐ力にも一層力が入る。
{19ACDAFF-7BED-466D-AEC4-609258B6BC60:01}

{AF317740-6A24-4C34-A698-70D7C950DF3A:01}

ルート101も内側に沿ってきているので、森林やら乾燥地帯が目立つ。



ヒッピー村
{29CAACF5-194D-4A4D-8368-C5DE8FBCF559:01}

{79ED62E1-FD87-4057-B822-4285C09F30E1:01}





またチャリ漕いでる時にふと考えた。


自分の自転車歴って2泊3日の熱海へ行っただけなんだよな。
むしろそれしかやったことがない。


経験でどうこう言うのはあまり好きではないんだけど、経験は物凄く重要であり、時として重要ではないんじゃないかと思った。


経験があるとできることもあれば、逆に経験がないからこそできることもある。


今の自分のように。


俗にいう怖いもの知らずってやつなのかな。


でも今この旅をしながら自分は経験を積んでいる。

楽しみと苦しみを噛み締めながら。


それが今までの自分のスタイルでもある気がする。


ようはあまり利口な方ではないんだろう。


自分で体感しないと分からない。



やるかやらないか。


物事はいつだってシンプル。


ただそのシンプルなことが一番難しい。




水を買うか買わないか。

その判断が難しい。



ちょっと違うね。



今日はキャンプサイトの横でテント貼らせてもらいます。



ジェニファーさん、夢に出てこないで!!


あっ、おやすみなさい。

皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/08/11 18:40 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 精神と時の家 | ホーム | 3本勝負 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |