FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

パット

2014年5月7日アメリカ自転車縦断&横断旅 
7日目 in セントレーリア

朝6時30分起床。ってか寒っ!!!

昼と夜~早朝にかけての温度差がものすごい。朝はいつも猫のように寝袋にくるまっています。

朝再び自転車を修理していると、パットが来てコーヒーを入れてくれる。
自転車を修理して苦戦してる俺を見たパットは近くの自転車屋まで車で送ってってくれるという。

タイヤとチューブがどうもフィットせず困っていたので、連れてって下さいとお願いする。


車の中でパットが

「俺も15の時ヒッチハイクでアメリカ横断したことあるんだ」

っと話し出す


15才か。

15の時なんてアメリカなんて教科書だけの世界だと思ってたよ。
海外なんて全くもって興味なかったし。

今こんなことしてるなんて去年でも想像つかない。

そんなパットの過去の話を聞きながら、自転車屋に着く。

新しいチューブ購入。

そしてそのままそこで降ろしてくれることになったんだけど、自分がお昼をおごらせて下さいといい、バーガーキングへ。

アメリカ人、やっぱり体がでかい。
進撃の巨人のような差を感じる。お酒買う時必ず身分証求められるし。


お会計になり払おうとすると、手で自分を制止し、少し自分を見てたから、パット自身が払ってくれる。

またなんもできないな。逆に何かをさせてもらったら楽なんだけどな。


食べながら知ってる日本語の話をしたりしてたんだけど、パット50年前のことなのによく覚えている。

当時、パットの周りでは日本人は英語を知りたがったけど日本語に興味を持つアメリカ人はあまりいなかったらしい。

パットは興味を持った数少ない人だったのだろう。


それからハイウェイの入り口まで送ってもらう。

俺がパットに

「五分だけ下さい」

という。

タイミングがなく結局この瞬間にいうしかなかったのだが、鶴を折る時間をもらった。


ハイウェイの入り口で車がハイスピードで入っていく脇で、鶴を折る俺と、車の荷台で列車を見ながらそれを待つパット。


滑稽にもほどがある。


俺はこんなとこで鶴を折ったことがないから、流石に焦りながらでも丁寧に作ろうとする。

パットはそんな状況にお構いなし。優雅に待っている。

さすがドワーフ。


鶴が出来たと同時にパットが

「思い出した!」っという。

なんだろうと思ったら日本語の歌を歌い出した。

「分かるか?この歌?」


全く分からない。

きっと50年前に沖縄で覚えた歌だろう。


パット、分かるわけないよ。


最後に鶴を渡してお別れ。パットは自分が見えなくなるまで見送ってくれた。
{FA9F3023-EEC4-40BE-A752-1023E7C048B6:01}


ありがとう、パット。


皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/08/02 13:16 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< ハイウェイの真ん中で愛を叫ぶ | ホーム | ドワーフの村 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |