FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

ドワーフの村

2014年5月6日 アメリカ自転車縦断&横断旅 
6日目 in セントレーリア

朝8時30分  セントレーリアを出発。

膝の調子なんだけど、昨日シャロンが膝にいいからと言ってくれた塩の入浴剤が効いてくれたのか、痛みが幾分和らいでいる。

やっぱり風呂って体にいいんだな。


今ポートランドに向かっている最中なんだけど、ハイウェイをつまみ出されてから、下道を使って向かっているんだけど、ハイウェイに比べたらやっぱり遅いし、迷う。

本当なら今日中に着く予定だったんだけど、明日になってしまいそうだ。


まぁ一本道のハイウェイより下道の方が、たくさんの出会いと、ハプニングがあるのは間違いないのだけれど。


そんな下道を結構ロスした分ひたすら漕ぐ。

{397830EB-B3C2-4679-8D59-B6A9CEF701FA:01}

たるみすぎ。



アメリカってなんでみんなが危ないっていうのか、漕いでる時に少し考えてみた。
やっぱり銃のイメージが強いのかな?
銃は死と直結するイメージを持っている。
自分もそのイメージが拭い切れない所はある。
日本でも凶悪な事件はたくさんあるのに。

情報を得ることは凄く大切なこと。でも情報を鵜呑みにしてはいけない気がする。
自分でその情報のどこを拾うのか捨てるのか考える。

だから情報に左右されないように、自分の目でしっかりと見る。


何が言おうとしたのか分からないのでこの辺で。




自転車を漕いでると嫌がおうでも何かを考えてしまう。



そして夕方6時、あまりの進まなさにハイウェイを使うことを決意!


強行突破!!!



やっぱり怖ぇーーー!!!!!!




そしてキャンプ場に着く。
{5DB91617-5F5F-4D91-86F1-7038F9E3E859:01}


子供が車のすぐ近くでサッカーしてる。
容赦ないね。子供の本能。


その日だけ泊まる人、長期滞在する人など様々で、一つの集落を感じさせる。


ちなみにハイウェイの近くにはモーテルキャンプ場が結構備わっています。


そう、寝る所とホットシャワーがあれば天国なんだよ。


キャンプ場気に入りました。


ただ女の子がシャワー室に入ったらキャ!っとなるくらい綺麗ではありません。


ところで今日初めてのパンクをして、穴が空きまくったのでチューブごと交換して修理。
キャンプ場の近くで良かった。


もしハイウェイだったら、、、


そして修理をしていたら、集落のドワーフが声をかけてきた。

{0AAE2C5E-9262-4A0D-BA71-B954C3FDC443:01}


ドワーフというにはふさわしい巨体と立派な髭。

声をかけられた瞬間流石にこの風貌から一瞬たじろいだが、物凄く穏やかな人。

名前はパット。



バットは1961年~1963年まで沖縄に兵隊として来て住んでいたそうだ。

パットは沖縄を気に入っていて、もう一度行きたいと言っていた。
当時は戦後で少し住みにくい所もあったらしい。

そんなパットは当時の写真を持っていた。
{7C91305B-00A8-4A01-A02E-7632BA7E9984:01}



50年前のパット
{4B5B876D-8F3E-4BAB-AB24-3D349F217AA6:01}



まさかここで沖縄の写真を見れるとは。

どこでなにがあるなんて本当に分からない。

パットは日本語も少し話せる。


話している時に、他の長期滞在者が横を通った。そしてその後言った。

「アノヒトバカタレネ」

その人は昼間っから酒を飲み、奥さんに手を挙げる人らしい。時々警察沙汰にもなると。

「アノヒトダメ」

長期滞在者の中には色々問題を抱えている人も多いので、気をつけた方がよいと。

自分がその人に喋りかけられた時、自分を助けるように間に入ってくれた。



このキャンプサイトという一種の集落は、旅行として一夜を過ごすただの通過点でもあれば、様々な問題を抱え、逃げ込むように流れてくる人の場所でもあるかもしれない。


パットはなんでここに来たの?っとは聞けなかった。


繊細な心を持った大きな大木のような人。



夜、月を見ながらビールを飲んだ。


皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/08/01 11:20 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< パット | ホーム | 救世主 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |