FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

小学生の夏休み

4/9 日本一周自転車御礼旅 in 静岡 5日目後半スタート〜200km 
昨日の夜、浜松からの約10km夜道の中全く街灯がない中、田舎である弁天島に到着した。

なんとなく覚えているだろうと思って住所は聞かなかったけど、夜道の中、景色の違いが多々ある中、近づくにつれ、徐々に思い出しなんとか着くことができた。

小学生の頃は大きい一軒家だと思っていたが、今改めて見てみると、普通の一軒家に感じた。

自分も様々なものを見てきて、大人になったのかな。
そんなことを思いながらピンポンを押すとおばあちゃんが出迎えてくれた。

おばあちゃんは物凄く心配性だから、やはり会った時は物凄く心配されて、本当に自転車で来たのかとビックリしていた。

おばあちゃんは未だに年に一回は横浜にくるので、その時は会うのだけど、会うたびに歳をとったんだなと最近はよく感じていた。

今年で91歳。一般的な91歳に比べたら大分元気な方だと思う。

だけど、数年前までは気にしていた白髪を最近は全く気にかけなくなったし、物忘れも結構ひどくなっていた。

おそらく自身は気づいてないのだが、少しボケが進行してきている。

元々ここには寄ろうと思っていたが、今おばあちゃんに会っておかないと、というのも直感的に感じていた。

長い夜道からの家の中の灯りというのは、本当にホッとする。

リビングに行くと従兄弟達とおばさんもいた。

みんなは本当に驚いていて、俺は従兄弟達の成長ぶりに驚いた。

なんてたって 15年ぶりだ。もう立派な働いていて、あどけなさはまだあるものの成長したんだなと、よく一般的に親戚が久しぶりに会った時の第一声を自分も発生してしまう。

小さい頃は夏休みになると自分がこっちに毎年遊びに来て、よく一緒に遊んでいて、歳の差なんてあってないようなものだったけど、この歳の再会だとそうはいかない。

自分はないが、少しの緊張と接し方の戸惑いが2人から感じる。

まぁ少し話して行くうちにその戸惑いも解けていく。

そして呼び方はやはり昔のままで「ヨウジにいちゃん」なんて言われるからこれまた変な感覚。

実家では自分は三兄弟の末っ子、こっちでは1番の年上。

今更だけど年下の妹が欲しかったなー、なんて思ったりします。笑


久しぶりの再会ということで、写真嫌いなおばあちゃん以外で集合写真。
20180418235522fa3.jpg





あんまり色々思い出を掘り返すほうではないけど、今日はしみじみ懐かしさを感じ、ベットで寝ていた。




皆川暢二(ミナガワヨウジ)ってだれ?

俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅
  
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 
*皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。
 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル
【 2018/04/10 23:20 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 子供は宝 | ホーム | 浜松Louer >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |