FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

宮崎

7月5日 日本一周自転車御礼旅 東京〜鹿児島(17県目) 
87日目 晴れ 現在 横浜〜2,980km


昨日の夜から雨が降り出し野宿を諦め漫画喫茶で宿泊。

スパートかけて進むつもりなのにこの1週間雨予報とはどんだけタイミング悪いねん。

雨でも激走する覚悟はできているが。

だからスタートは雨。

しかもなかなかの雨の量。

雨スタートは自分の尻を叩いて強引にいかなきゃいけないが、慣れてくるとあまり気にしなくなってくる。

雨での視界の悪さをサングラスでカバーし、張り付いた服の気持ち悪さは忘れるにかぎる。

夏の雨だから最初の方はかえって気持ちいいくらいなんだけど、雨にあたってる時間が長ければ長いほど夏とはいえ、体温は奪われていく。
また運転も慎重になっていくからおのずと体力の消耗は激しい。
そして今日も山道だ。

雨と山道と私。

サンダルの鼻緒が引きちぎれるんではないかと不安になりながらひたすら漕ぐ。

長い距離自転車で走る方々、決してサンダルはオススメしません。
靴は持ってるんですが、自分のは登山用のトレッキングシューズでゴツくて重くて、夏はものすごく暑くなって履いてられないので、サンダルにしているだけです。
ましてや雨の日に履いているとすぐ浸水してきて、気持ち悪くなるので、どうせ濡れるなら気にならないサンダルを履いているだけです。

ただサンダルを考えた人は天才です。

なんて便利なものを考えたんだとただただ感嘆するばかり。

269号線をひたすら爆走。


雨が強くなったり弱くなったりの繰り返し。


そんな中宮崎に到着。

20180705174015d11.jpeg 

20180705174031ff4.jpeg

宮崎に着いたものの、やっぱり雨の中だと巡るのも難しく、とりあえず恒例の銭湯に行くことに。

あー冷えた身体を癒してくれる。


夜の宮崎

20180707174852a27.jpeg 

201807071749095c1.jpeg

宮崎一番の歓楽街、西橘通をブラブラと歩く。
雨の日だからやっぱり人は多くない。

そしてそのまま探索していると、どこからかピアノの音が。
ピアノの音色に吊られてその場所に行くとある建物の広場でカップルの女性の方がピアノを弾いていた。

そのピアノは常にその場所においてあるらしく、誰でも弾けるようになっていた。
場所によってはピアノなんて置いてあったら、イタズラしたり壊したりする人がいてもおかしくないのによく堂々と置けるななんて思いつつ、女性の演奏が上手だったので、ベンチに座り静かに耳を澄ませて聞いていた。

そのピアノの音色のおかげで居心地がずごく良くなってきたので、近くのコンビニでビールを購入して飲みながらまたその演奏を聞きに入る。


そして気づけばそのカップルはいなくなり、ピアノの音色は消えていた。


あと1週間程でこの旅も終了する。

ほんとあっという間の3ヶ月。時間がすぎるのがただただ早い。

明日は今日本で一番会いたい人に会う。


心は既に若干興奮気味だ。

皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅
  
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル
【 2018/07/05 15:49 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 美々津のレジェンド | ホーム | 悶絶ルート >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |