FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

読み方のクセ。

5月12日 日本一周自転車御礼旅 in 山口県(13県目) 
38日目 晴れ 現在 横浜〜2060km 


昨日は雨だったので満喫に泊。
満喫の近くに「2980円揉みほぐし」の看板があり心揺れて足が向きそうになりましたが、気合で辞めました。
決して気合いで辞める理由はないんですが。

下半身の疲労はともかく、自分漕いでる時にリュックを背負ってて荷物の中でそれが一番重い。自分としてはもう慣れてるから、重いということを改めて思うことはないが、体は正直だ。
首・肩周りがガッチガチでふとした時に痺れを感じる。
自転車につけてるカバンに分散できればいいんだが、あいにく両方とも満員電車。
カバンで背負うしかない。

自分で隙を見つけてはストレッチしたりしてるんだけど、あいにく気休めにもならない。
野宿も満喫のどちらも宿泊に関していうと、体が休まる場所ではない。自分のわがままで酷使している体にはとりあえず謝っときます。
自分勝手ですまん。
今度揉みほぐし一緒に行こうね。


ということで体バッキバキの気持ちのいい状態で、本日は山口の下松市にレッツラゴー!!


ん、下松!?

これはなんと呼ぶでしょう??
20180601182036a88.jpeg 


答えはこのブログの最後で。

自分は堂々と地元の人の前で間違った呼び方をして恥かきました。。


20180601182121000.jpeg 

上の駅も「トダ」と呼びたい所だけど「ヘタ」ですからね。
「ヘタ」と書いてあっても「トダ」と呼びたい願望ものすごいですが。

読み方のクセが凄いです。



道中昼飯は山賊うどん。
20180601181951611.jpeg 

ものすっごい山賊感丸出しなイカつい蓋ついてますが中身めっちゃ普通のうどん。
量もハンパじゃない量かと思いきや普通。むしろ少ない。
完全自分の先入観とのギャップであれ??ってなりました。
まーもういい大人なんで、量とか言ってないで質で勝負したいもんですね。
ただやっぱり腹は減っては戦はできぬ、じゃないけど腹が減っては自転車漕げぬになってしまうので量もやはり大事。
計算してないから分からないけど1日何カロリー消耗してるんだろうか。


そうそう、この後会う山口の人に教えてもらったんですが、山口県では山賊は有名です。
話聞きながら思わず聞き返してしまったんだけど、山賊が有名と聞いても抽象的すぎてピンとこない。あー山賊ね!の思考回路には決して結びつかなかった。
山賊と聞いて真っ先に思い出すのは、、髭モジャにバンダナして、剣を持ってる大男。
そんな訳はもちろんなく、山賊〇〇という食べもの然り、店だったりがある。
一種のブランド。

若鳥を炭火で焼き上げる山賊焼きというのがあるらしんですが、いかにも山賊がしそうな調理法。

言葉を発してるだけでちょっとかっこいいし。笑



ということで山賊うどんも食べて、あとは下松に向かうだけ。


あっちなみに今日山口で会う方はインスタで連絡をやりとりしてるだけで実際に会ったことはありません。何故インスタで連絡をやりとりしだしたのかというと、昨日ブログにも書いたけど、この方もアメリカを自転車で横断した同胞だったからです。

この共通点だけで興奮して連絡のやりとりを始めました。
一緒にした訳ではないけど、アメリカ自転車旅をしたというだけで、仲間、いや同志だと勝手に感じてしまいました。


はやる気持ちを抑えつつ下松駅に到着。

201806011820111fd.jpeg 

年齢も何をしている方かも知らず、そして聞きもせず、知っているのは男性という情報だけ。
程よい緊張感と高揚感の中この下松駅で待つ。

とは言いつつもちょっと早く着いたので、下松駅近くの定食屋で夕飯を食べる。
その定食屋は年配のご夫婦がやっていて、ここ下松でなんと30年近くやっているという下松界の重鎮。

とんかつ定食を頼んだんだけど、おばあちゃんは自分の姿を見て、ご飯を大盛にしてくれて、そのご飯を待っている間はおじいちゃんが山口県のマップを開きながら、観光名所を教えてくれる。
長年の経験と阿吽の呼吸から生まれる肩肘張らないで居れる場所というのはそう作れるものではない。

これぞTHE定食屋。



お二人と話しながらご飯を食べていると、店の戸が開けられ「皆川さんですか??」
と声を掛けられる。

あっ高橋さんだ!

どうして店分かったんですか??っと聞くとだってここら辺で荷物つけた自転車が外にあったら分かりますよ、と。笑

そりゃそうか。
急いでご飯をかきこみおじいさんとおばあさんに別れを告げ、高橋さん達と合流。
高橋さんともう一人自転車で日本をこれから回ろうと思っている若い男の子。ここでは北海道くんと呼ばせて頂きます。


3人で周南市の居酒屋に行くことに。


最初の質問の答え合わせ。
下松クダマツと呼びます。


癖!!!



後半へ


皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル



【 2018/05/12 23:13 】

西日本自転車旅  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |
<< 山口の若人 | ホーム | 〇〇=〇〇の方程式 >>

コメント

---  ---

はじめまして、こんにちわ。
足跡からお邪魔致しました。

もし宜しければ、またいらしてくださいね♪

まずは、ご挨拶まで・・・。
NORIX  *  URL[編集] 【 2018/06/09 16:46 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |