FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

今治はいつも雨。

5月6、7日 日本一周自転車御礼旅 in 愛媛(12県目) 
32、33日目 雨 現在 横浜〜1770km 


朝、四国中央市の公園。

早朝草野球の人々の駐車場に集まる声で起こされる。

公園で野宿の朝は目覚まし時計のレパートリーの宝庫だ。


今日は今治に戻る。午後の予報は雨。

今治は来た時も、戻る時も雨。

雨の印象が強くなってしまったな。

今治に戻ったら必ずやらなくてはいけないミッションがある。


とにかく雨が降る前に着きたいので早めに出発する。


201805092124503b9.jpeg 


漕ぎながら少し感慨深くなっている自分がいた。

あとちょっとで四国が終わる。

四国もある意味離島で、場所を隔たった場所に来ることは異国の地というのを強く感じさせる。

自転車で来るとその思いは尚更。

四国の自然を感じながら今治まで漕ぐ。


お昼頃になり、香川の名残からかうどん屋があったので昼食をとることに。
お店の看板が「讃岐うどん」と書いてあったことと愛媛は香川の隣でもあるし、きっとそこまで大差なくあの美味しいうどんが食べられるだろうという期待の中お店の中に。

香川で食べていた肉ぶっかけうどんを注文。

さぁあの至福の時を思い出させてくれと言わんばかりに一口すする。



あれっ??



全然違う。



何が一番違うかというとやはり麺が全然違う。
あの香川で食べた麺のコシの弾力がまるでない。東京とかで食べるうどんとほぼ一緒。噛んだ瞬間にすぐちぎれてしまう。
それと同時にうどんについての違いにこれほどまでに敏感に感じている自分に驚く。

今までそれが普通と思って食べていたものが、香川のうどんを食べただけでこうも敏感になるとは。

新しい一つの経験をしただけで今までの当たり前に関して違和感を感じる。


これぞ違いがわかる男。

やっぱり香川のうどんは特別なんだと思いながら、若干の落胆を抱える。
とか言いながら全部食べましたけど何か??

やっぱ香川のうどんはまた食わねば。


昼食も食べて、あと少しで今治だ。

20180509212513c2c.jpeg 


雨が降ってきた。


無事今治にも着いた。


その翌日も一日雨。



やはり雨の街、今治。


そんなことを喫茶店の中の窓から眺めて感じていた。




皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/05/06 21:08 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< チンギス・ハン | ホーム | アゲイン愛媛 >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |