FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

高知のエネルギー。

4月30日 日本一周自転車御礼旅 in高知(10県目) 
25日目 晴れ 現在 横浜〜1330km 

東京までのタイムリミット 55日

須崎市、朝の公園

201805031121403a7.jpeg 

初めてテントも張らずに寝袋だけで野宿したが、この公園は久々に物音一つ経たないくらいの静かな場所だった。

朝子供達が遊んでる所を横目に見ながら朝の準備。


今日は高知県中心部で人と会う予定。

四国に入ってからこうやって人とちゃんとした形で会うのは初めてだ。

先輩の知り合いが高知に寄るならと紹介して下さった人で、連絡はやり取りしていたが会うのは初めて。

朝から少しのドキドキとワクワクがある。

須崎市から約40kmなので焦る必要はないんだが、早めに着いて高知を周りたいのと、昨日ここ須崎市には銭湯がなかったので、このベトベトの身体を一刻も早く流したいので早めに出発。

2018050313224302e.jpeg 

20180503132304f3c.jpeg 

昼頃には高知駅到着。

20180503132529cf1.jpeg 


そして第一ミッション、、、

20180503132503581.jpeg 


銭湯ダイブ!!!


やっぱり人と会うので身だしなみはしっかりしないというジェントルマン精神にのっとり、身体をタオルで引きちぎれんばかりに擦りました。

初対面ということもあり、しかもシャレオツなお店で会うということもあり、軽蔑&出禁だけは防がなくてはならない。



そして昼銭湯でスッキリした後は、高知探検。



日曜市。
20180503132321b0b.jpeg 

GWだからこんな人が多いのかと思って、屋台のおばさんに聞いたら、この曜日市は日曜日以外にもやっていて、高知では有名らしい。屋台が連なり、よく見る日本のお祭りとは違う日常的に開かれている景色。
台湾の市場に近い気がする。


そして高知名物アイスクリン。

2018050313233800c.jpeg 

もちろん事前情報を自分はチェックしてる訳もないので、このアイスクリンという可愛さしかない名前のことなど知る由もなく、気になったので実食。

普通のアイスクリームとは違い食感はシャーベットに近い、とてもあっさりした夏場は確実にバカ売れ間違いないと思います。



そして高知城。

20180503132412d7d.jpeg



201805031324333ae.jpeg


高知出身の偉人達。
20180503134249cb8.jpeg 

こう見るととんでもない偉人が高知にはたくさんいる。
四国を周って改めて思うのは、こういう偉人達が生まれるのは土地がらの環境が大きく影響するということ。
現代もそうだと思うけど、地方の人達は東京に上京してくる時は少なからず少しの興味、野心、勇気が必要になってくる。
ことさらこの高知は島国の中の島国。本州に思いを寄せて、想像を巡らし、別の世界を見たいと思う人間からしたら、野心は大きくなっていくと思う。
更にこの四国は本州から一番離れていて、情報の入りも遅かったんではないだろうか。
武士だったら腕を試したい、政治家だったら自身が周りに影響を及ぼせる人間か、また自身の故郷を全国に広めたいという、思いが生まれるのも全然あり得る話だ。

あくまで土地柄と人間の行動を想像したにすぎないか。

今となっては海外に行く手段はいかようにもなるが、当時はその手段も少なく、海外に進出するということが挑戦的なことだったんだと思う。

成人までの人間形成において、土地柄、身の周りにいる人間がもたらす影響は計りしれない。

その環境を受け入れるか、抗って違う世界を見てみたいと思うか。

このことに関しては時代は関係なく普遍的な部分だとは思う。



ということでグルグル周っているうちにいい時間になったので、連絡を取りあっているKさんがご予約して頂いているお店に。

お店の名前はyoiyo.
写真は撮り忘れましたが、シャレオツです。

かといって形式ばってはいなくて、カジュアルな雰囲気でとても居心地がいい。


そして先輩のお知り合いのKさんとKさんのお友達夫妻とその娘さん5人で食事をすることに。

四国に入ってからこういう形で人と会うのが初めてなのと、しかも皆さん初対面。
しかもGWで元々このKさん達4人で食事する所に、訳分からない着物を着た、「何??坂本龍馬を舐めてんの??」と言われんばかりのシチュエーション。

あまり人見知りはしない方なんだけど流石にいざ来てみて恐縮する始末。

だけどフランクかつナチュラルに話してくれる皆さんのおかげでその場所が心地よくなっていた。

実際に話してみて、そして店内のお客さんの感じもそうなんだけど、高知の方々はパワーがある。

この高知の落ち着いた空気感とは裏腹、一人一人に柔軟性とエネルギーがある。
このギャップが高知の魅力の一つかもしれない。

そして男性より女性の方が強そうです。笑


ことごとく地域の旬なものを食べていなかった自分がここで初めてカツオを口にしました。


カツオ、ヤバァイです。

うますぎ。


高知について、その他自分が知らないことに関して教えて頂いて、
知らない知識を教えてもらうことはやはり楽しい。

皆さん、スゴーンって知ってますか??

スコーンじゃありません。

スコーンのパク、

いやスゴーンです。


海老のパンチが効いた、激ハマり間違いなしのお菓子です。


Kさんから頂いたんですが、3分でなくなりました。

なくなってもまだ空のスゴーンの袋を手でまさぐってました。


これが巷で噂のスゴーン中毒です。



それ以外のお話しももちろんして気付けばいい時間になりお開きに。

皆さんでパシャリ。

20180503200402dae.jpeg 


皆さん顔がちっさいーーー!!!
そしてオシャレー!!!


Kさん、I一家、GWの貴重な時間にお邪魔させて頂き、そしてご馳走までして頂きありがとうございました!!!

これだけ言わせてください!


娘さん可愛いっす!!



皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル




【 2018/04/30 14:15 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 室戸の奇跡 | ホーム | 初パンク >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |