FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

最後の遊郭

4月18 日本一周自転車御礼旅 in大阪(5県目) 14日目 晴れのち雨
現在 横浜〜560km 後半

何回大阪の1日引っ張ってんねんという感じですが、非常に濃い1日だったんで、三回に分けて書いています。

ということでヒロシくんと別れた後、大阪と言えば一度は見ておく場所だと思いあの場所へ、、、


そう、飛田新地。


日本では最後の遊郭と呼ばれているみたいです。



やはり一度は見に行った方がいいと言われて雨の中来ました。


写真に関しては暗黙の了解で、撮ってはいけないので撮りませんでした。
というか日本人ならなんとなく撮っちゃいけないと感じる空気を出しています。

この飛田新地という区間は本当に時代劇さながらの平屋が並び、一軒一軒、入り口に「仲居」と呼ばれる若い女性「お運びさん」と呼ばれる高齢の女性が、二人一組でセットになっています。

仲居さんは舞妓さんのような格好をしている人から、メイド服、ぬいぐるみのような格好をした人もいたりと様々。

自分が通るたびに「お兄さん」という呼びかけをされ、呼び込みをして、、




あーーー、、、足が勝手に吸い込まれていくーーー。。。





アホ。



入りません、雨降ってるし、パンツが2日連続だし、リュックに自分で工夫して太陽光パネル付けてるし。


20180425185457288.jpeg 


全く関係ないっすね。。



でもやっぱり衝撃的な光景だったな。

写真がないのでよく分からないと思うんですが、一つのアートでした。


この飛田新地の空気感はやはり歳月がかかって出来上がったもんなんだろうな。




今日は夜遅いので、大阪中心部に戻って、雨も降っているので漫画喫茶で宿泊することに。


この大阪の3日間は濃かった。

初めてお会いする人の所でお世話になり、会いたい人には会え、見ておくべき場所にはいけたし。


やっぱり大阪好きです。


大阪はワイワイ飲んでディープな場所にも、はしご酒なんかも楽しいかもしれません。


明日からここ大阪を出発をして、四国、九州へ向かう。

ここまでの道中は知り合いが結構いたが、こっからはあまりいない。


昨日も言ったけど人の親切におんぶにだっこばかりしていては旅じゃないよな、孤独も味合わないと。



皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/04/20 00:00 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 生徒会長と副会長 | ホーム | スタイル >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |