FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

救世主

2014年5月5日 アメリカ自転車縦断&横断旅 
5日目 in ピュアラップ


雨の中での出発というのはモチベーションが難しいものがある。

膝の状態もあまり良くない。

ウダクダ言っても始まらないのでとにかく漕ぎ出す。
{DDD2A165-7042-424F-B75E-DED822752B17:01}

これがバイクルート。

非常に助かる。

ただやっぱり膝の痛みがすごく、漕いでは歩きが続く。そして雨。

歯痒さと悔しさがこみ上げながらとにかく進む。

{62E5EF76-CFEB-4DCA-AB4E-804745AED0E0:01}

こんな道とか

{C9B814D9-874A-444D-9C89-71E3852A1C6A:01}

こんな道とかがずっと続きます。




ただのスタンドバイミー。

{11616CB1-5B7F-4928-BE4F-85F2776C00CF:01}


町から町への間、また変わる瞬間はワクワクする。景色はもちろん、匂いも変わる。

そんな大きな差はないのかもしれないけど、ほんの少しのことでも敏感に感じられる。


{F3E23B9E-DC50-410C-9608-E1F1E0C4A668:01}


これはわけ分からん。



そんな感じで進み時間はもう6時。


セントレーリアという街に到着。


とりあえず今日ピークに足の痛みがきてて、ずっと歩きながら進む。

すると一台の車が横に泊まる。

「足大丈夫かい?、良かったらウチに来るかい?」



その人達はさっき道を訪ねた夫妻だった。


どうやら自分を心配してついてきてくれたらしい。


でも正直進まなければいけないため迷った。でもふとそこで思った。

ゴールも大事だけど過程も大事だと。
ゴールに捉われて、この出会いを無にしていいのかと。
ゴールと過程をひっくるめて最高の旅にしたい。

そしてお世話になることに。

{51BFD7DF-FC81-4CAE-81B7-7F723BE5F3F2:01}

ドッグとシャロン。

ドッグは少しマイケルダグラスに似ている。

物腰の柔らかい雰囲気を持った2人。

この土地がらが反映してるのかな。

娘が2人いるんだけど、2人とも結婚してもう家にはいない。

25年もここセントラリアに住んでいる。

お世辞にも何か特別目立ったものがある町ではない。家にはネットもTVもない。

それでも楽しく笑顔で生きている。


人にとっての幸せは色々な形がある。
他人の幸せを自分の物差しではかってはいけないんだろう。


シャロンと話てるとボソッとこう言った。

「time goes fast」  時が進むのは早い。


 娘が2人、孫が3人と4人合わせて7人。

娘が結婚、出産、孫の成長。

色々なことが一気に過ぎていくと。



少し感慨深げに、そして悲しくも見えた。


庭。
{589AEF9C-E3D2-457A-9368-22A6B651C3B4:01}

ここにテントを張って寝ていいと。

夕飯、そしてお風呂までお世話に。
しかもお湯につかれるという至れり尽くせり。
お湯につかれるなんて日本にいる時以来。


アメリカさん銭湯作りましょう。



きっと知らない人を泊めるということは勇気のいること。いくら困ってそうだったといってもなかなかできることではない。



ありがとうって言葉だけじゃ虚しくなってくる。




朝、ドッグシャロンと朝ご飯をご馳走になり、今日のルートを一緒に確認してくれて、気づいたらドックが自転車に空気を入れてくれていた。


今はあまりやらないらしいがドックも自転車乗り。


シャロンがドックがサイクリング中に撮った写真を見せてくれる。

笑いながら喋るシャロンの小皺が目立つ。
それさえも愛くるしく感じるほど柔和な表情。

本当に楽しく喋るんだわ。


その瞬間、涙腺に涙が溜まる。

自分でも全く分からず、ふとこみ上げでしまった。


なんでだろう。



別れ際、写真をとり抱擁して別れる。
別れとは感じさせない、自然な流れのように。

最後に鶴を渡す。


柔らかい風を吹きこんでくれてありがとうございました。





更なる高みへ。





皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル














【 2018/07/31 13:47 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

マイホーム

2014年5月5日 アメリカ自転車縦断&横断旅 
5日目 in シアトル

どうもGoogleマップがないことを想像するだけでゾッとする鴨二です。

先代の方々逞しいこと限りなし。


気づけば日本はGWってやつね。



さぁポートランドに向けて出発じゃい!!!




漕ぎ始めて3分で左膝激痛。


今日の朝治ったって言ったじゃん。


痛めてる箇所を具体的にいうと、左膝の後ろの腱。歩きだとある程度大丈夫なんだけど、膝を曲げる動きをするとダメみたいで、漕いで膝が曲がった瞬間、膝下を捨てたくなる痛み。


だから午前中はほぼ歩き。

ゆっくりしてる暇ないのになー、少し焦りと自分の足にイライラする。

でもこういう時に限って焦って何かをしようとすると9割の確率で何かやらかすので、じっと我慢しカメのように進む。


シアトルから南下していくと、徐々にチャリダーの数が増えていき、バイクルートなども設置されている数が増えていく。

*自転車乗りの人をチャリダーっていうらしいです。

俺はよく知りません。


ポートランドの片鱗が垣間見れてきた。

自転車に対する心の広さを感じる。
確かに徐々に川、森など自然が増えている。
きっと自転車に乗りながらそういう自然を肌で感じて欲しいという、配慮なのかなと想像する。



自然を肌で感じるとか調子こいたこと言ったので、道間違えます。


バイクルートあるんだけど、途中で途切れたり、見失なったりするのでどこいけばいいんですかってなります。


道複雑すぎ。


そんな感じで10分に一回はGoogleマップを見つつなんとか行くべき方向を保つ。


午後になって自転車乗って見たら膝の痛みが軽減してる。どうやらあったまると若干良くなる。


そんな感じて午後はゆっくりとだけどずーーと突き進む。


よる9時。ピュアラップという町に着く。
雰囲気結構ゴーストタウン。

やはり都心部離れるとこういう町が多くなるんだろうな。


宿発見。コミュニティセンター。の裏のスペース。


初のテントを使う時が来た。
{77486A18-67D7-4D33-B58B-818E85EC560C:01}

今日色々写真を撮るのを忘れてしまい見せたいものが見せれないな。

テントも完成図取り忘れるし。


テント準備に10分くらい。


はい、寝袋のみより13倍くらい気持ちいい。


場所も前回よりいいっていうのもあるかもしれないけど、自分の空間があるってだけでこんなに違うもんなのか。

雨降ってるけど濡れないし。

そして誰一人も妨げてくる人もいない。


おやすみなさい。




朝。

いやー最高に寝れたーと思って朝起きたら、足ビチョビチョ。


上からは大丈夫だけど、下からは弱いやつね。


ありがとう。


そしてモーテルにタオルを忘れたことにも気づいたよ。


ありがとう。



ほな。


皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/07/30 18:00 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

シアトル

2014年5月4日 アメリカ自転車縦断&横断旅 
4日目 in シアトル



どうも、観光地という観光地にあまり興味が湧かない鴨二です。

ここはシアトル。


昨日はドミトリーに泊まる。
シアトル、都心部、大雨ということで外は避ける。
ドミトリーは一部屋2~8人の相部屋での宿泊場所。観光で来た人、バックバッカー、自分みたいに自転車で来た人、様々な旅行者が泊まりに来るお財布に優しい宿です。

早速、中に入って階段を登って行くと筋トレをしてる人を発見。

音楽を聴きながら鬼の如く集中して筋肉を痛めつけている。


えっ!?ドミトリーってこういうとこなの?お疲れしたっ!!!

っと思っていたら中のロビーにはくつろいでいる人達。

うん、筋肉痛めつけるより、全力で膝の回復につとめたいから。


部屋は1番安い人数が多い8人部屋。
節約、節約。
ベットとシャワーがあるだけで天国です。
他に何も望みません。

荷物を置いて夕飯を買いに行こうと外にでる。

やはりシアトル。土曜日ということもあり、人の多さが物凄い。旅行者、客引きをする黒人、ホームレス、派手な格好をした人達、建物も、でかいビル、派手な店が立ち並んでいる。


その土地、自然ありきってより人ありきで成り立ってる感じが合わないのかなー。
人ありきって当たり前だよな。


そんなことを思いながら無難にサブウェイで夕飯を買う。あまり周りを歩きたいという思いも生まれず、そのまま宿に戻る。


シアトルがどうこうではなく自分の感覚の問題です。

宿のロビー
{6CBCEC26-9A53-402E-AC7B-9DB7445F9932:01}


宿に戻ったらパンプアップお兄さんがパソコンの椅子を使って腕をパンプアップしてました。

あざます。


そして部屋に戻りシャワーを浴びて泥のように眠る。






今日起きてすぐヒザの状態をチェック。

行ける。


この宿、朝食付きです。バイキング形式です。タッパーに詰め込みます。

あざます。

少しゆっくりしすぎて10時30分に出発。

街を感じる程長くいれないな。
そりゃそっか。

シアトルはきっと面白いと思います。

普通に歩いてたら

「俺はホームレス、5ドルくれ。」

って言われます。

堂々としすぎ。

謙虚さ微塵もありません。



スターバックスの一号店がある!

イチローが二年前までいたあのシアトルマリナーズ!

etc......

{381D7BE0-AA46-4A78-B0D6-EDCFD92205F2:01}

今日の通りで発見しちゃいました。
野球やってたもので。

もっと深く追求しようとしたら更に面白い見え方してくるんだろうな。


滞在できないことは前もって分かってたこと。
進むしかない。



次は自転車推進都市、ポートランドへ。

皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/07/29 21:00 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アメリカ野宿初夜

2014年5月3日アメリカ自転車縦断&横断旅 
3日目inエヴァレット
どうも、左膝に爆弾を抱えた鴨二です。

バンクーバーでは毎日20kmは漕いでたんだけどな。

やっぱり未知の領域に踏み込むと色々なことが起こりますね。

体は正直です。



昨日ブログを書き終えたあとすぐにスポット探しにでました。
初日にモーテルという裏技を使ってしまったために。



ということでアメリカ野宿初夜。。。



新婚さんいらっしゃいに出れるばりの初々しさあります。
新婚さんの初夜より刺激は50倍増しです。


日本では一回くらいしか野宿はしたことがありまてん。


昨日はエバレットという街に着きました。ルート5というハイウェイを漕いでいたんだけど、やはり自転車は駄目らしく、警察につまみ出されこの町に着きました。

何もないけど自分は都心部より生活の匂いがして好き。

エバレットは大通りを外れ登っていくと住宅街が目立つ。ここら辺にいい場所はないかなと探していたらあった。

{EF371E3B-8B30-449D-8E2E-6339A8D2BB0B:01}

子綺麗な感じの公園。時間ももう夜の9時だったのでここで決定。
雨をしのげる滑り台の下を陣取り準備スタート。

っとそこに若い男がやってきた。

男「へい、メン何してんだい?エヘヘ」

自分「ここに泊まる準備をしているんだ」

男「だったら一緒にモーテルに止まらないか?安くなるし!エヘヘ」

自分「お金を節約しなきゃならないんだ。」

男「そっか、じゃあ葉っぱ吸うか?エヘヘ」

自分「いや、吸わない。」

男「じゃあ自転車売ってくれ。エヘヘ」


俺が散々旅のプランを話したのに、何を言ってるの??こやつ。

「冗談だよ!気をつけなメン!」

あんたが1番怖いよ。


完全にヤク中でした。



そして、22時に就寝。
滑り台の下はテントが張れないので寝袋のみ。



が、寝れない。


雨の音、話し声、足音、車のヘッドライト、定期的になる教会の音。自分の頭の中にある恐ろしいアメリカのイメージが離れない。

なんてたって銃社会。

一発でジ・エンド。


体は休みを欲しているのに、五感が警戒し働きすぎて全く眠れない。


頼むから人は来てくれるなと思ってたら、案の定人の足音。


3人くらいの若い男が話を近づいてくる。

まだ俺に気づいてない感じ。
が途中で気づかれる。
するとその中の男の一人がからかってやろうとさらに近づく。

そしてその男は大きな言葉で


「マザーファッカー!!!」

っと笑い声をあげながら10回くらい叫び去って行く。


さすがに嫌な汗をかく。
でも3人の口調が軽い若いノリなのを感じていたので本当にヤバイ奴らではないと感じていたが、なんてったってこちとらは初夜。


そりゃ心臓飛び出るくらいドキドキでした。



そのあとも何かの物音がする度に周りを確認し寝れない。


それからは何事もなく、最後の方にはこの状況に少しずつ慣れていき、計2時間は寝れたと思う。
朝起きると体の重さはあるんだけど感覚が何故か鋭い。


こういうことは覚悟してきた。


そして朝5時に起床して、身仕度をしてアメリカのメッカ、キングオブジャンクフード、マックへ。
まだファストフードでしか飯食ってないないな。

そして7時30分に出発。
ハイウェイは使えないのですぐとなりのルート99を使う。
結構緩やかな坂が続いて、そこで漕ぐ力を強めようとしたら左膝に突然痛みが。

そっからあまり漕げず。今日は60kmくらい。



そしてシアトル着!早速スターバックスを見つけて入ろうとしたんだけど、貴族みたいな綺麗な感じの人達がいて、自分の格好を見て断念。


うん、膝は相変わらず超絶痛いです。

皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/07/28 23:00 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

さりげない男、その名はマイク。

2014年5月2日アメリカ自転車縦断&横断旅 

2日目 in ベリンハム


{FC96BEE4-5D9F-4D25-BD4E-19C821E51928:01}




Hi michael! How are you doing?
Thank you so much today!

I hope you will enjoy in your life!


出発2日目。


朝小鳥の鳴き声で目覚める。

昨日の疲労はなく以外にスッキリしている。

モーテルのおばちゃんには色々よくしてもらった。昨日実は最初行った時、部屋がないと言われ、諦めモーテルの裏にテントを張ろうとしていた。その時おばちゃんが裏手にいきなり現れ、部屋一つできたわよと行って、わざわざ呼びに来てくれた。

でも何で俺が裏手にいること分かったんだろ。

そんなおばちゃんに、鶴。
{7CF45A38-D47B-4DAC-8011-DC5727681DA2:01}

今回お世話になった人などに対して自分なりの感謝ということで折り紙を持ってきた。親にわざわざ送ってもらいました。ありがとう。

ちなみに今鶴と手裏剣しか作れません。

そして9時に出発。

今日も快晴!
順調に漕いでると、いきなり隣に黒いバンが泊まる。

やっぱこのルート駄目だったのかなーと思ってたら

「どこまで行くの?乗ってく?」



神様降臨。



今回基本的に自転車なんですが、こういう人の出会いはやはり重要だと思うので
大事にしたいなと。

ヒッチハイクしてないのに自動ヒッチハイク。


それが一番最初の写真に載ってるマイク。
仕事はファーマーで元自転車屋で働いていた経歴。
親切な感じが一目で分かります。

そして自転車の細かいメンテナンスまで教えてくれる。初めての人がマイクで本当に良かった。

マイクとメールアドレスとFacebookを交換して、最後にチョコレートをくれる。

「甘いもの好き?甘いものは必要だからね!」

ごく普通に当たり前の事のように気遣ってくれる。

俺はこんなに自然に当たり前のように人にこんなことできるんだろうか?自信を持ってできるとは言えない。


そしてGood luckと言われ別れを告げる。


走り去る車を見送る、、、





どぅぁーーーー!!!!!!!!!!!


早速折り紙渡すの忘れたーーー!!!

まさにこういう時のためなのに。
何もできずに。

マイク俺をぶん殴ってください。

Facebookにブログに写真に載せるからと言ってあるので、おそらく見てくれているだろう。

マイクはファーマーの仕事を物凄く楽しそうに話していた。本当に好きなんだろうなー。

今日はマイクに20、30kmくらいに乗っけてもらった分を含め約100km。


明日はシアトルまで行けるだろう。


今はエヴァレットという街に着き、アメリカのメッカ「マクドナルド」でブログを書いている。


野外のいいスポット見つかりますように。


ほな。


皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/07/27 19:50 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

難攻不落の国境へ

2014年5月1日 アメリカ自転車縦断&横断旅 1日目
in バンクーバー

どうも、子供との接し方が分からない鴨二です。

はっきり言うと好きです。

子供に対しての優しい喋り方とか分かりません。

常に普通に喋ります。




本日バンクーバーからアメリカに向けていざ出発!!!


難攻不落の国境へ!!


はい、早速道間違えます。Googleマップ見てるのに間違えます。ただの方向が音痴な人です。2時間ロスします。メンタルごっそり持ってかれます。終了。



んなことで挫けず再度ボーダーへ。


ボーダーへ行く道ハイウェイなんですが、自転車が行っていいのか悪いのかよく分からないけど路肩があったので行く事を決意。



怖すぎ。


100km以上の車が真横でビュンビュン。
日本で言うたら東名高速でチャリ乗ってるみたいなもの。

もちろん周りでチャリ乗ってる人なんて一人も見ない。

「ねぇお父さん、あの人ってバカなの?」って声が聞こえて来そう。

変な緊張感の中ボーダーに到着。
{3A258166-71F2-4D98-963C-49D1C3EE9F02:01}

再度緊張が走る。俺が最も恐れている門。


もうここでダメと言われたら一発でこの旅が強制終了。


無理と言われたら海へ飛び込もっかな。


自転車は車と違ってゲートを通るのではなく、直接オフィスへ。

平日は休日と違ってガラガラ。待つことなくボーダースタッフの元に。


色々イメージはしてきた。出て来いやーーーーーーー!!!!!



「どこに行くの?」
「どのくらい行くの?」
「なんで行くの?」
「お金はいくら持ってるの?」
「学生さん?」
「何の勉強してたの?」
「仕事は何してたの?」
「今回以外でもこういうことしてたの?
「何でいくの」」
    ………。

他にも合わせて20個くらい。

質問しすぎ。
そして「なんで行くの?」二回聞くし。


とにかく引きつりながら笑顔で全て答えて、



無事入国!!


やったりました!嬉しさとホッとしたのが一緒に来て、疲れがドッと。

でも今日の寝床を探さないと。

またそこから2時間くらい漕ぎ、コンビニエンストアを発見。

ampm。行くしかない。

初日にして水分補給の配分ミスったからすでに水分がなかった。

スプライトいっき。そして発見。

{B5033A06-AC58-4FA4-BC3F-B50E006BE3C1:01}

堂々と上半身裸で入り、堂々と出てく。


これがアメリカ。



おっさん子供に背中で語りすぎ。


もう漕ぐのを辞めようか迷ったけど、それから20km走って、モーテルへ。


さすがに今日は肉体と精神を使い果たした。
{0AD1142B-0DA9-41A3-B210-416E997ECA31:01}


ビール。言うことない。


今日はだいたい80kmくらい漕いだ。


今日だけは言わして下さい。


疲れました。


おやすみなされ。。。

皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル


【 2018/07/26 15:39 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アメリカ大陸自転車旅編・開始!!!

西日本を周り現在東京に戻ってきて東京の方々にお会いしているんですが、今日から4年前にやったアメリカ自転車横断の旅のブログをこちらで復活させようと思います。
あくまでも4年前なのでお間違いなく。
懐かしさと、自分の原点回帰の為にこちらに載せていきます。

それでは行ってみよう!!!



2014年4月30日 アメリカ自転車縦断&横断旅 in
バンクーバー

ー補足ー
自分は元々ワーキングホリデーでカナダに来ていて、8ヶ月程住みカナダの生活にも慣れて刺激がなくなっていた時にふとアメリカを自転車で横断しようと行くことを決意する。
このブログはそのアメリカに出発する前日からのブログ。

お世話になったホームステイ先から出発する前日から始まる。



どうも、ホームステイの家族にヨウギと言われ続ける鴨二です。

何度もヨウジだよって言ってんのに、ケラケラ笑いながらヨウギといいます。

まぁ笑ってくれてんならいっか。


4ヶ月ぶりにこの一家の元に戻って来ました。

{9BA9D2B4-A7DF-4FDF-AB34-BFDC19A438D9:01}

左は娘のマリで右がお母さんのイース。

マリの口癖は『疲れた』で

イースの口癖は『ヨウギ』です。

少し湯バーバに似てると思ったことは決して言いません。

一緒に映画やら飲みにいったりしたなー。
カラオケも何故か俺ばっか歌わせられたなー。


マリは疲れたといいなんだかんだいつも気を使ってくれて、不機嫌だと一発で分かる笑。自分より年下だけどしっかりしてる女の子。


イースはいつも自分のことを気遣ってくれる。

今回アメリカに行く事を言った時もめちゃくちゃ心配してくれた。むしろ辞めろと。

でも俺がそれでも行くと言った時にイースはこう言ってくれた

「私はいつも神様にヨウギの無事を祈る。そしてヨウギが良い行いをしていれば必ず無事で楽しいものになるはずだ」と。

俺は宗教とかよく分からないけど、俺もそんな気がしてる。

決して余裕だとも絶対安全だとも思わないけど、自分の意思をしっかり持っていれば大丈夫だと。


アメリカ行く前にもう一度この一家に会えて良かった。

行ってる間に荷物も置かしてもらい、今日も泊まっていっていいと言ってくれた。

自分に対して何かをしてくれたからいい人と呼ぶには図々しい気もするけど、こういう関係を築けたことは素直に嬉しい。

こういうことを当人はもちろん、周りの人に還元してくことが重要なんだろうな。
自分がしてもらって終了、ではなくて。

そうやって自然に周りにバトンが繋がってく。

それが感謝っていうのかな?

とにかく自分は自分のやり方で還元していこう。

{7CC2DA96-B295-43D8-8F5E-57289CD797F3:01}

これ夜9時くらいのモンテス家からの風景。
ちなみにバンクーバーは夏10時くらいまで明るいらしい。

「 やっぱりバンクーバーは夏が最高でしょ!バンクーバーは夏のためにあるんだよ」
っとみんながいいます。

バンクーバーは通年雨が多いので、それがあるぶん夏にエネルギーを爆発させるのかな。

本当に雨が多い。10月~4月が梅雨の感じ。


俺もバンクーバーの夏を…

はい、その夏にいません。


バンクーバーに来てバンクーバーの一番いい時期知りません。



終了。


とにかく、晴れの日みんなチャリ漕ぎすぎ。



ヨウギ、明日向かいます。


皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。9月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。


*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
西日本自転車御礼旅 東京〜四国、九州一周(2018年4月〜7月)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして過去の自転車旅の記録写真はインスタグラムに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/07/25 21:18 】

アメリカ大陸自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

最終日

7月14日 日本一周自転車御礼旅 東京〜福岡県(17県目) 
96日目 最終日 晴れ 現在 横浜〜3,300km


地方御礼旅最終日。

本日最終日は新門司港に向かう。

新門司港からフェリーに乗り、東京へ向かう。

フェリーて自分の記憶で覚えてる限り人生初な気がする。

約二日間36時間の道のり。


約100日の旅も終わり。


今思うとほんの一瞬だったなー。
当初3ヶ月で日本一周御礼旅という試みだったが、それはスタートしてあえなく撃沈した。
アメリカを漕いでいた時の進める1日の距離計算でいったが、道の漕ぎやすさ、天候、諸々を考慮すると日本は全然思ったようには進めなかった。

だから西日本を中心になってしまいましたが、それだけでもやって良かった。
この旅での一番の目的であるクラウドファンディングの支援して頂いた人に会うということに関しては皆様にちゃんとお会いすることができました。
まずはそれがしっかりできたことが嬉しかった。

そしてその周る中で、初めて訪れる場所、新しい出会い、日本という地に産まれながら沢山の知らない地を自分の足で訪れ、見て、感じれてようやく日本というものの広さとどこの地域も同じ日本なんだと繋がった気がします。

旅はやはり現在の自分を形成する上で必要不可欠なものだと改めて思いました。

正直これから長期的な旅をするか分からなけど、自分が思う旅は小さな楽しみをいかに発見できるかだと思っています。

そしてそれが旅でできるのなら、社会の枠組みに入ろうがきっと日常に彩りを自分自身で付けられるんじゃないだろうか。

まだまだ世の中に面白いことは溢れている。

そうやってこれからも生活していくことができるれば、これからの背負って立つ子供達に暗い顔なんて見せることはなくなるんじゃないだろうか。

自分はやっぱり『これが大人の世界だよ。』なんて軽々しく発しない為に、まだまだもがき続けたいと思う。

これからの世代が見たくなるような背中をしっかり見せれるように。


そして改めてご支援、応援、お世話になった方々ありがとうございました。

次は東京に戻り、また支援者にあっていきたいと思います。

20180718123842b89.jpeg 


改めてお世話になった皆さんありがとうございました!!!


東京へ。


【 2018/07/15 00:00 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

カムバック福岡

7月13日 日本一周自転車御礼旅 東京〜大分県(17県目) 
95日目 晴れ 現在 横浜〜3,260km



今日はいよいよカムバック福岡。

長崎とか九州を綺麗に回ることはできなかったけど、いよいよ九州編フィナーレへ。

気づいたら約2ヶ月も滞在していた、九州。

トータルで考えると九州という地域は自分の肌にあっていた気がする。
今年は本当に雨が多い状況にあたってしまったが、天災はやはり予測することはできない。
何が起こるかわからないというのが旅だ。


今更になって思うのはもう少しコアな観光地は攻めるべきだったと思うかな。
後悔しても仕方ないんだが、人が多い観光地というより、人があまりこない穴場のスポットは行っておくべきだった気がした。
雨が多かったから、気持ち的にも正直なかなか踏み出しずらい部分があった。


ということで本日は福岡の行橋へ。

20180714172948feb.jpeg 

インスタで連絡を頂いた方とこの行橋で会うことになっている。


待っているとMさんがきて合流。

近くの喫茶店に入りお話しをさせて頂く。

Mさんはフィルムコミッションという仕事をしていてる方。
フィルムコミッションというのは例えば、都内などの製作会社などこの行橋で映画等を製作する際、ロケ地提供、宿泊場所の提供などお手伝いをする仕事。

自身の仕事に関わってるというのもあり、自分の知らないことを色々知っていて興味深い話をしてくれる。

元来の仕事も全国各地を飛び回る仕事をしていたため、全国各地の様々な情報を持ち合わせているMさん。

自分の地元に近い東京の蒲田のことも詳しいという中々コアな場所を攻めてらっしゃる。笑
蒲田を好んで行く人は中々のエキスパートな人です。


経験を積んでいきている人だからこそ話せる知識にずっと質問しっぱなしだった。

1時間くらい話、Mさんとは別れることに。

201807141730039e8.jpeg 20180714173014c7c.jpeg


是非蒲田で再会しましょうMさん!!笑


ここから10km程行った場所で本日は宿泊。


明日は新門司港へ。


皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル



【 2018/07/14 18:16 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

中津の唐揚げ

7月12日 日本一周自転車御礼旅 東京〜大分県(17県目) 
94日目 晴れ 現在 横浜〜3,220km


本日は圧倒的に晴れ。

今日は中津市を目指す。

ちなみに中津市は唐揚げの名所だそうです。
唐揚げはすごく好きなんだが、この暑い日に唐揚げというチョイスが自転車を漕ぎ終わった後に湧いてくるかは想像がつかない。

今日も山の峠がすんごいことになってます。

というか九州に入り一番急な坂かもしれない。

いやー旅の最後を締めくくるいいきつさ!!

日本はやっぱり湿気の関係で体感温度が全然違う。
天気のアプリで見ると体感温度40度って表記してあったな。

呼吸をするのが若干息苦しくなる。


20180713211335120.jpeg 


滝って見てると落ち着きますよね。
マイナスイオン感半端ないですよね。

こうも暑い日になると本当に飛び込みたくなる。



20180713211408d6b.jpeg 

20180713211349c17.jpeg


本格的な夏になり、自転車の距離も思うように漕げなくなってきている。
休憩する間隔が以前よりこまめになり水分量は増え、体の回復力はやはり落ちる。

14日に福岡新門司港からフェリーを予約しているので、それに合わせて1日の漕ぐ距離を調整して無理する必要がなくなっているので、全然大丈夫だが、これが1日100km漕がなければならないと想像すると結構ゾッとする。


本日も汗を大量にかきながら、無事中津市に到着。


唐揚げ屋は確かに沢山あった。


ただやはり唐揚げをチョイスする気分にはならなかった。


皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/07/13 00:00 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫