FC2ブログ

自転車俳優・皆川ヨウジの自転車旅の記録

俳優・皆川暢二が自身のライフワークである自転車で、アメリカ大陸縦断&横断、台湾横断、西日本を周った時の旅の記録をまとめたブログ。一俳優でありながら様々なことにこれからもチャレンジしていきたいと思っています。

高知のエネルギー。

4月30日 日本一周自転車御礼旅 in高知(10県目) 
25日目 晴れ 現在 横浜〜1330km 

東京までのタイムリミット 55日

須崎市、朝の公園

201805031121403a7.jpeg 

初めてテントも張らずに寝袋だけで野宿したが、この公園は久々に物音一つ経たないくらいの静かな場所だった。

朝子供達が遊んでる所を横目に見ながら朝の準備。


今日は高知県中心部で人と会う予定。

四国に入ってからこうやって人とちゃんとした形で会うのは初めてだ。

先輩の知り合いが高知に寄るならと紹介して下さった人で、連絡はやり取りしていたが会うのは初めて。

朝から少しのドキドキとワクワクがある。

須崎市から約40kmなので焦る必要はないんだが、早めに着いて高知を周りたいのと、昨日ここ須崎市には銭湯がなかったので、このベトベトの身体を一刻も早く流したいので早めに出発。

2018050313224302e.jpeg 

20180503132304f3c.jpeg 

昼頃には高知駅到着。

20180503132529cf1.jpeg 


そして第一ミッション、、、

20180503132503581.jpeg 


銭湯ダイブ!!!


やっぱり人と会うので身だしなみはしっかりしないというジェントルマン精神にのっとり、身体をタオルで引きちぎれんばかりに擦りました。

初対面ということもあり、しかもシャレオツなお店で会うということもあり、軽蔑&出禁だけは防がなくてはならない。



そして昼銭湯でスッキリした後は、高知探検。



日曜市。
20180503132321b0b.jpeg 

GWだからこんな人が多いのかと思って、屋台のおばさんに聞いたら、この曜日市は日曜日以外にもやっていて、高知では有名らしい。屋台が連なり、よく見る日本のお祭りとは違う日常的に開かれている景色。
台湾の市場に近い気がする。


そして高知名物アイスクリン。

2018050313233800c.jpeg 

もちろん事前情報を自分はチェックしてる訳もないので、このアイスクリンという可愛さしかない名前のことなど知る由もなく、気になったので実食。

普通のアイスクリームとは違い食感はシャーベットに近い、とてもあっさりした夏場は確実にバカ売れ間違いないと思います。



そして高知城。

20180503132412d7d.jpeg



201805031324333ae.jpeg


高知出身の偉人達。
20180503134249cb8.jpeg 

こう見るととんでもない偉人が高知にはたくさんいる。
四国を周って改めて思うのは、こういう偉人達が生まれるのは土地がらの環境が大きく影響するということ。
現代もそうだと思うけど、地方の人達は東京に上京してくる時は少なからず少しの興味、野心、勇気が必要になってくる。
ことさらこの高知は島国の中の島国。本州に思いを寄せて、想像を巡らし、別の世界を見たいと思う人間からしたら、野心は大きくなっていくと思う。
更にこの四国は本州から一番離れていて、情報の入りも遅かったんではないだろうか。
武士だったら腕を試したい、政治家だったら自身が周りに影響を及ぼせる人間か、また自身の故郷を全国に広めたいという、思いが生まれるのも全然あり得る話だ。

あくまで土地柄と人間の行動を想像したにすぎないか。

今となっては海外に行く手段はいかようにもなるが、当時はその手段も少なく、海外に進出するということが挑戦的なことだったんだと思う。

成人までの人間形成において、土地柄、身の周りにいる人間がもたらす影響は計りしれない。

その環境を受け入れるか、抗って違う世界を見てみたいと思うか。

このことに関しては時代は関係なく普遍的な部分だとは思う。



ということでグルグル周っているうちにいい時間になったので、連絡を取りあっているKさんがご予約して頂いているお店に。

お店の名前はyoiyo.
写真は撮り忘れましたが、シャレオツです。

かといって形式ばってはいなくて、カジュアルな雰囲気でとても居心地がいい。


そして先輩のお知り合いのKさんとKさんのお友達夫妻とその娘さん5人で食事をすることに。

四国に入ってからこういう形で人と会うのが初めてなのと、しかも皆さん初対面。
しかもGWで元々このKさん達4人で食事する所に、訳分からない着物を着た、「何??坂本龍馬を舐めてんの??」と言われんばかりのシチュエーション。

あまり人見知りはしない方なんだけど流石にいざ来てみて恐縮する始末。

だけどフランクかつナチュラルに話してくれる皆さんのおかげでその場所が心地よくなっていた。

実際に話してみて、そして店内のお客さんの感じもそうなんだけど、高知の方々はパワーがある。

この高知の落ち着いた空気感とは裏腹、一人一人に柔軟性とエネルギーがある。
このギャップが高知の魅力の一つかもしれない。

そして男性より女性の方が強そうです。笑


ことごとく地域の旬なものを食べていなかった自分がここで初めてカツオを口にしました。


カツオ、ヤバァイです。

うますぎ。


高知について、その他自分が知らないことに関して教えて頂いて、
知らない知識を教えてもらうことはやはり楽しい。

皆さん、スゴーンって知ってますか??

スコーンじゃありません。

スコーンのパク、

いやスゴーンです。


海老のパンチが効いた、激ハマり間違いなしのお菓子です。


Kさんから頂いたんですが、3分でなくなりました。

なくなってもまだ空のスゴーンの袋を手でまさぐってました。


これが巷で噂のスゴーン中毒です。



それ以外のお話しももちろんして気付けばいい時間になりお開きに。

皆さんでパシャリ。

20180503200402dae.jpeg 


皆さん顔がちっさいーーー!!!
そしてオシャレー!!!


Kさん、I一家、GWの貴重な時間にお邪魔させて頂き、そしてご馳走までして頂きありがとうございました!!!

これだけ言わせてください!


娘さん可愛いっす!!



皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル




【 2018/04/30 14:15 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

初パンク

4月29日 日本一周自転車御礼旅 in高知(10県目) 
25日目 晴れ 現在 横浜〜1250km 

東京までのタイムリミット 55日


四万十の朝の公園。
四国は本当に野宿がしやすい。

そしてテントから顔を出すと、東京とは違った刺すような太陽が自分の顔を照りつける。

テントを片付け、公園の水道で顔を洗い、歯を磨き、身支度を整える。

コンビニで1ℓのポカリスエットを買い、朝食を済ませる。

そろそろ一ヶ月、自分の朝の行動のルーティンが出来上がってきた。


今日は高知市内に向けて、出発。


そしてスタートしてすぐ本日初の、、

20180503112655f94.jpeg 

201805031130267e1.jpeg


パンク。

むしろ今までパンクしなかったのが不思議なくらいか。

坂道の途中でしてしまい、幅の狭い路肩で修理する。

アメリカのハイウェイでパンクした状況に比べたら全然良い。
普段より一段と暑い中、汗が垂れ落ちながら、30分程かけて修理は完了。
この友達から貰った自転車のパンクの修理は初めてだったが、意外とスムーズにでき方だと思う。

20180503112624b0a.jpeg 


20180503123939a31.jpeg 

201805031240293c7.jpeg


四国は内陸部には壮大な山々が連なり、沿岸部には先が見えない広大な海が広がっている。
現在GWの期間ということもあり、お遍路、サイクリング、バイクのツーリング、四国の小旅行をする人の数は多い。

自分も休憩していると、どこから来たのか、どの期間でやっているのかなど日常茶飯事に会話している。

かと言って人が多い訳ではなく、ゆとりを持って自然を満喫できる所だと思う。


本日80km程漕ぎ、高知県須崎市に到着。

何もない。

銭湯もない、定食屋もない。

あるのは国道沿いにあるジョイフルのみ。


本日は公園でテントも張らずに寝袋のみで就寝した。




皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/04/29 00:00 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

外人お遍路。

4月28日 日本一周自転車御礼旅 in愛媛(9県目) 
24日目 晴れ 現在 横浜〜1150km 

東京までのタイムリミット 56日


朝、宇和島を出発。

っとその前に、後ろのリアタイヤのスポークが一本壊れてしまったので、修理をお願いしに自転車屋へ。
20180430185709f1a.jpeg

しかし、このサイズのスポークの換えがないということで今すぐの修理はできないとのこと。取り寄せするのにはGWということもあり、1週間程かかってしまうという。
それはさすがに待てないので高知ならデカい自転車があるだろうということで、それまでスポークが一本ない状態で行くことに。

やはりリアタイヤは、荷物+自分の体重が載って100kgの負荷がかかってくるので、負担がすごい。ここまでパンクしてこなかったのが不思議なくらいだ。

ちなみにスポークがないとタイヤがブレてきて、走行しているとグラグラして不安定になります。



とりあえず後ろタイヤを気にしつつ四万十に向けて出発!
20180430185120e32.jpeg 

20180430185218ebf.jpeg


山から川の下まで数100m伸びる、鯉のぼり。
これは鯉のぼり川渡しと言って、四万十が発祥の地らしいです。

本当にどうやって作ってるのかが気になる。

201804301853283a4.jpeg



やっぱりまっすぐに伸びる道と線路は心踊ります。

20180430185617929.jpeg 
20180430185649f95.jpeg



四国に入ってからやはりよく、お遍路で巡ってる百衣を着た方をよく見るんだけど、結構ビックリしたのは外国の方々も意外にいること。一人はもちろん、家族で,
なんて人がいて、格好もまた菅笠をかぶり、百衣を着て、金剛杖をつきながら歩いてたりするのでちょっと嬉しかった。

外人の可愛い女の子の姉妹がお父さんと一緒に歩いてるのは可愛かったなぁ。
挨拶してくれた表情がまた可愛らしい。

ギャップ萌えというやつですね。



あっ何度も言いますが決してロリコンじゃないです。


もちろんカジュアルに楽しみながら歩いてる人もいるんだけど、一人で淡々と修行僧のように歩いてる人もいる。

そういう人は禅の精神をどう捉えているだろう。


きっと相当コアの日本好きな方達だと思う。
20180503120243029.jpeg 

遠目で全然わからないっすね。。


ただ大抵すれ違う時は、大抵自分が登り坂で悶絶してる時なので、自分に余裕がない瞬間が何故か多い。余裕ぶって笑顔で挨拶してますが。



昼の日差しが夏の暑さにどんどん近付いてきている。
昼は上半身裸でいきたいくらいです。



ちょっと見づらいとは思うんですが、こうやって次の場所の目安も地点地点で表示してくれてます。

20180430195126527.jpeg 



そして四万十に到着!!
商店街の静けさには慣れたな。


20180430185800b87.jpeg 


そして運よく丁度自転車屋を見つけたので、早速スポークを修理できないかダメ元で尋ねることに。

20180430185734d34.jpeg

そしたら丁度同じサイズのスポークの在庫もあり、修理して貰えることに。
あーありがたやーありがたやー。

20分くらい時間がかかるということで商店街を少しブラブラして、数少ない営業した定食屋に入ってご飯を食べることに。
案の定、人っこ一人いない訳なんですが、お腹が好きすぎて焼うどんを食べることに。

そしたら常連らしき人おじいさんが入ってきて席に着き、お店のおばさんとビールを飲みながら話し出す。
地元オーラ満載の中、会話を耳を傾けて聞くことに。

そしたら、まず方言なのか滑舌なのかおじいさんの言ってることが全く聞き取れない。。
そしてお互いの子供のお金の話をしだしてずっと二人でああでもない、こうでもないとキレながら話す始末。

どこに行ってもお金はつきまとうものなんだなと思いつつ、焼うどんをすする。

本当はこの四万十についての話とか聞こうと思ってたんだけど、俺が入り込む余地なし。

焼うどんをそそくさと平らげて、お店を後に。

自転車屋に戻るとジャストタイミングで、修理も終わっていた。

20180430195502477.jpeg 


黒の中に銀のスポーク一本だけど治ったからいいや。
これで後ろタイヤの不安もなくなったし。


ということでいつものようにお風呂に行こう。



2018043018581774d.jpeg


この看板の名前通りゆったりとした時間が四国には流れている。



皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル



【 2018/04/28 00:00 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

おじさんの情報

4月27日 日本一周自転車御礼旅 in愛媛(9県目) 
23日目 晴れ 現在 横浜〜1050km 

東京までのタイムリミット 57日


エアマットがないおかげで、最高に気持ち良く身体バキバキな朝です。

本当にありがとうございます。


今日は松山から南下して宇和島に向かう。

四国といえば、
愛媛はみかん、高知はカツオ、徳島はなると、香川はうどん

というざっくりな情報は頂いているので旬なものには食いついて行きたいと思います。

まず、みかん食ってないですけどね。

これまでの各地域の旬なものはことごとくスルーしてますけどね。

敢えてスルーしている訳では決してないんですけどね。


お金を使えば良いとこにも泊まれるし、良いものも食べられる。
でも極力制限して自分にしかできない旅をして行きたいし、工夫しながらやりくりしていくことが大事だと思っているので。

っと上に書いたことは、この御礼旅の目的とは別に自分自身に課していることです。




さぁ今日も気合入れて行ってみましょう!!!


早速、そり立つ壁、ノブコフ205。

20180430131233ae4.jpeg 


一個めの峠の登り坂長すぎ。

ちなみに国道56号線基本的には使用します。


一個目の峠の途中で、休憩しているとツーリングしているおじさんが話しかけてくれる。

こうやって休憩していると話しかけたり、かけられるという機会が結構ある。

おじさんは松山に住んでいる人でたまにバイクで四国を周るらしい。

ここら辺の地理に詳しそうだったので、宇和島までの地理の形状を確認してみる。
おじさん曰くこの一個もの峠が一番きつくて、あと二つ峠があって、計3つ。
ただ残り2つの峠はそこまできつくないらしい。

良い情報を聞いて、心持ち気が楽になる。
こんな峠が3つも続いたら流石に自転車を峠から突き落としかねないので。

2018043013114710a.jpeg 

20180430131301428.jpeg

一個目の峠制覇。

そして下り坂はもう圧倒的気持ちよさ。

必死で上り坂を超えた後の下り坂の爽快感は言葉では表せることができない悦。

その爽快感も束の間、2個目の峠に差し掛かる。

20180430131434df9.jpeg 



さっきのおじさんの情報があるから、どっかで油断したまま登り始めたものの全然楽じゃない。


あれれー一、個めよりラクって言ってたのになー。


おじさんの情報に対しての疑心暗鬼モードに入り始める。

3つ目。
201804301406533c3.jpeg 

4つ目。

201804301407418e7.jpeg

5つ目。
20180430140629165.jpeg


お遍路さんのような無我境地入って登りきりました。


一瞬でもおじさんのバイクを破壊しようと思った心をお許しください。


天国と地獄の連続。


アゲてさげてのまるでドS嬢に弄ばれてるよう。



きついときは長く、楽しい瞬間は一瞬。

その楽しい一瞬が、文字で表現できない快感が体に刻み込まれているから、踏ん張れる。

まるで人生と一緒だと思い、物事は全て共通してるということを身を持って痛感させられる。

一日6時間〜8時間漕ぎ続けると本当に色々と考えさせられる。
他のことでごまかすものもないので、自分、周りに対して嫌が応でも向き合わなければいけない。

いかに普段の生活でこういう時間を他のものでごまかし、避けてきたのかが良く分かる。

今ブログに書きながら自分の頭で考え文字でおこしながら改めて理解できることもある。


旅をした後に何が変わったと「何が変わった??」と聞かれることが多い。

その度にいつも困っていたんだけど、最近やっと言語で説明できるようになった。


「木で例えるなら幹は変わらないけど、たくさんの枝葉ができる」

幹が自分自身だとしたら、枝葉は感性。

その感性という部分は、例えばちょっとした日々の当たり前に目を向け、それに対して思いを馳せることができるということ。

天気が良くて気持ちがいい、
綺麗な花が咲いている、
ご飯が美味しい

そんなごく普通と言われることに対して、改めて目を向け、ささやかと言われる幸せを感じることができる。

それができる人は本当に幸せと言われる人間なんだと思うようになった。


きっと日常生活に戻った時に忘れてしまうこともあると思う。

ただこの経験の引き出しがきっとしんどい時に生きてくる。


あー言葉は難しい。

また改めてブログを書き出してそう感じる。


同じ言葉でも受け取る人によっては全く意味合いが変わってくる。



相変わらず話しをまとめるのが下手くそなんですが、自転車を漕いでいる時の自分の考えてることの一部を書いてみました。


話を戻しましょう!!



峠を無事乗り越え宇和島着!!

20180430150920d57.jpeg


本日の銭湯
20180430151118e92.jpeg 

県の中心部以外はとりあえず店が閉まるのが早いし、みなさんの生活リズムが規則正しい。

本日も野営をしたいと思います。
【 2018/04/27 00:00 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

忘れ物症候群ステージ5

4月25、26日 日本一周自転車御礼旅 in広島(8県目) 
21、22日目 晴れ 現在 横浜〜1000km 

東京までのタイムリミット 57日


昨日の夜は球場がある広い公園に泊まった。

事前情報だけど、四国はお遍路、そして最近力を入れだした自転車での四国一週の推進も含め以前から野営というのには理解があるみたいだ。勿論野宿を推進している訳ではないが、四国の人達も警察の人達もさほど怪しがらず、しやすい。


朝今日は一日雨予報、しかも警戒が出る程の大雨ということで、1日今治で過ごすことに。

予報通り自分が喫茶店に入った瞬間、雨が降り出した。

久々に雨っぽい雨を見た気がした。

雨からのスタートというのはやはりテンションが上がらない。

今日は一日休みにしておいて良かった。


まだ先だけど、梅雨の時期がかぶってくるのが怖いな。。

今日は一日パソコンと向き合っていた。


大雨ということもあり今日は漫画喫茶に宿泊。


22日目

昨日の雨が嘘のように晴れ、次に進めと自分のお尻を叩かれてる気がした。


今日は松山へ!

今治から、約50km。


一昨日飲んだ居酒屋の亭主も、愛媛で一番栄えているのは松山だからと言っていた。
松山には愛媛で唯一のミニシアターもあるので必ず寄っておきたい。


右手に瀬戸内海が見ながら進んで行く。

2018043011485337f.jpeg 

看板スイカでみかんありすぎ。

20180430114820bf5.jpeg


ここの店主は間違いなくルート66の大ファン。
20180430114936785.jpeg


50km程漕ぎ、松山市に到着!!!
2018043012030310b.jpeg 
20180430120211b0a.jpeg

201804301151136ba.jpeg

20180430115024e25.jpeg


愛媛で一番栄えているというこもありやはり普通に人がいますね。
今治で行った銭湯の番頭のおじいさんは「愛媛は死んどるからなぁ」って言ってましたがそんなことはないですよ。きっと。




愛媛唯一のミニシアター・シネマルナティック湊町
2018043012034361f.jpeg

とてもシンプル。
ミニシアターはやはりシネコンとは違って、個性が溢れている。
むしろ支配人の人柄、好みをダイレクトに表していると言っても過言ではないと思う。

年々ミニシアターの数は全国でも減少傾向。
シネコンとは違う、ミニシアターの武器を考えて、見に来るお客さんに映画館に足を運ばせる意義を与えないとやはり厳しんだろうな。

勿論そんなことは長年やってる方々達が工夫してやっていることなんだろうけど。



本日の銭湯
201804301205468b1.jpeg 


本日の野営地。


201804301204114ab.jpeg 

カバンをまさぐり、エアマットを、、、、、ない。

失くした。。。

もう失くしもんしすぎて、あまり動揺しなくなってきた。

病気の末期ですね。


一応昨日泊まった漫喫に連絡すると、それらしきものがあるという。


また四国を周って今治に戻ってきた時に伺おう。



背中が硬い地面で横たわり眠りについた。




皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル

【 2018/04/26 20:55 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

後日談

4月24日 日本一周自転車御礼旅 in広島(8県目) 
20日目 晴れ 現在 横浜〜920km 

東京までのタイムリミット 58日

総長。

20180429024701f43.jpeg 


昨日は港のすぐそばの広場でテントを貼らせてもらった。

朝テントから顔を出すと、日差しと丁度いい浜風が優しく顔にかかる。

早朝の目覚め方としては理想の目覚め方だ。

ランニングをしているおじさん、散歩するおばあさん、早朝から行動する観光客の外人。

ゆったりと穏やかな時間がここには流れている。

時期もこの時期で本当に良かった。

テントを片付けながら、ゆっくりと出発の準備をする。

朝8時、googleマップで見る限り50kmちょっと。
焦る必要もないと思い、昨日写真で載せた小洒落たカフェに入る。パンとカフェラテを飲みながらパソコンを開きながら日記を書く。

これがノマドワーカーの気分かと思いながら調子に乗っていたら、気づけば12時になっていた。
でも50kmなら4時間あれば着くので大丈夫だろうと思いながら出発。


いよいよ四国か。
四国は勿論行ったこともないし、島国の中の島国、男の中の男、という勝手な想像をしているので楽しみだ。

2018042902474593c.jpeg 


これがしまなみ街道一つ目の橋。
20180429024808313.jpeg



20180429024915725.jpeg


20180429030717376.png 

写真を見ると分かるんだけど、向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島と六つの島を渡っていく。
この6つの島の一つ一つに橋が繋がっている。
20180429024841d51.jpeg

尾道〜最初の島である向島に渡るとき検問していた。
丁度四国の繋ぎ目の場所だからやってるんだろ。


そして向島から次の島の生口島に向かう時に重大なミスに気づく!

googleマップで検索した時は、この島と島を結ぶルートが最短ルートで検索したから50kmだったんだけど、それは車で行った時のルートで、自転車で行くとそのルートではいけない。
自転車に関しては標識にちゃんとルートが書いてあって、基本的には各島に着く度にぐるーーー、っと島の形沿いに遠回りして、橋に向かわないといけない。

だから6個の島全部遠回りして行くことになり、総距離が80kmくらいになってしまった。

夜暗くなること確定。。


基本的に夜遅くなると、地方は街頭が少なくなり周りが見えなくなるので、17時か18時までしか漕がないことを想定して距離を前日に決めている。


とりあえず急ごうと思い漕ぐ足は早くなる。

2018042903320787a.jpeg 

20180429033259671.jpeg

瀬戸内海の落ち着いた空気の流れと景色の優雅さは、頭と心のスケールを広げてくれます。

そしてサイクリングロードに認定されてるだけあって、本当に自転車に乗ってる人が多い。
中には自分と一緒で日本一周もしくわ四国一周してるような荷物を大量に積んだ人も
4、5人は見た。

そしてこれはアメリカで自転車旅をしている時に覚えたんだけど、向こうのチャリダーたちは対向車線に同じチャリダーがいると必ずと言っていいほど、笑顔や親指をカッコ良く突き出して挨拶をしてくれる。

自分も対向車線のチャリダーに挨拶することが基本だと思っているので通りすぎるチャリダーに対して笑顔でカッコつけて親指を突き出す。



シカト。




まぁそういう場合もあると思うのでひるまず、もう一回通りすがりのチャリダーに親指を突き出す。





シカト。






まぁね!向こうも向こうで色々と事情があるので、しょうがないよねーー!!
見えなかっただけかもしれないしー!




もう一回、新たな人に親指を笑顔で親指を突き出す。





シカト。




おーい、テメえら!!!こちとらお互い頑張ろうぜって意味で挨拶してんのにどんだけシカトしてんねん!!!おーーー分かった!!!そっちがその気ならやってやろうじゃねえか!!もうエセ関西弁なりふり構わず使いまくってやるよ!!!
こんちくしょうーーーー!!!!!!!!!!!!!!



マジでシカトされすぎて、基本がなってねぇと一人憤りというか、若干の虚しさを感じながら漕いでいた。


勿論みんなって訳じゃない。
ちなみに外国の観光客のチャリダーはほとんど挨拶してくれました。


別に悪気がある訳じゃないというのは分かるんだけど、この違いはなんなんだろう?人り漕ぎながら考えていた。

*チャリダーとはサイクリングをしている方のことをいうみたいです。


201804291707578fa.jpeg 

そして一個一個島を遠周りしながら超えて行く。


この一個一個の島もお店などはちらほらあって。
都内の喧騒に疲れちょっとカフェを始めました、というような人がこの落ち着いた島でスローライフを楽しむために作られたんであろう、オシャレで人気のある店もありました。



ちなみに島へ続く自転車の橋への入り口はこんな感じになっております。

2018042917164095f.jpeg 



そして夜20時、漕ぎ続けてやっとの思いで愛媛県今治市に到着!!!


四国入ったー!!!


はてさてどんなもんかな、、

20180429172412f9c.jpeg 

撃沈。


でも商店街というのはこういうもんですよね。


この後、妙な寂しさがあって、一人で今治の遅くまでやってる数少ない居酒屋に入り一杯だけビールを飲んだ。いや二杯です。


人がいない静かな居酒屋の店主に聞いたところ今治はこんなもんだとおっしゃてました。


自転車で遅くまで漕いで、人がいない街灯が少ない場所に来た瞬間、深夜に誰もいないアパートに帰って来た時にたまに感じる妙な寂しさに包まれる。


居酒屋を出た後、自分で持っていたジムビームの小瓶を、近くの公園で広げたテントの中で少しだけ飲んだ。


翌日連絡知り合いから連絡が来て知ったんですが、尾道から向島に行く時に検問していたと書いたんですが、あれ今治から囚人が脱獄したから行ってたみたいです。


かなりニュースになったと言っていたんですが、自分全く知らなかった。。


みなさんニュースは見ましょう。



皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル





【 2018/04/25 03:41 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

一目惚れ

4月23日 日本一周自転車御礼旅 in岡山(7県目) 
19日目 晴れ 現在 横浜〜830km 

東京までのタイムリミット 59日


昨日は岡山で一日、喫茶店でパソコンを開き、溜まっている日記、事務仕事をしていた。

あー俺がパソコンを使う時がやってくるなんて。

パソコン30分使うだけで頭痛くなっていた人間が今では、身体の抵抗は少なくなって気ました。

使い始めた時は本当に息苦しくなり発狂しそうになってました。

いや、発狂してました。

使わなきゃいけない環境にいるからなんですけど、人間慣れればなんでもいけますね。

基本的には考えてるより動く、動きながら考えるっていう人間なんで。


っということで、本日は尾道に出発!!!

あーー、一日休むと本当に身体の軽い。

そして風が気持ちいいーーーー。

たまには身体を休ませてあげないとですね。

心に身体がついていかない状態で漕ぎ続けると、どっかでシワ寄せが来ちゃうんで。



倉敷突入!!
20180428213940a37.jpeg 


晴れの港は本当に気持ちがいい。

201804282140148ea.jpeg

耳をすませばの「カントリロード」が流れてきそうな道。
20180428214049f76.jpeg

ちなみにジブリの中でも「耳をすませば」が一番好きでした。

201804282141214dc.jpeg

そしてしまなみ街道。

そう、この尾道からしまなみ街道が出ています。

なので今日は尾道に泊まり、明日このしまなみ街道を渡ることに。


尾道の商店街

20180428214207f87.jpeg 

おのみち映画資料館
2018042821423849c.jpeg

向島フェリー乗り場
201804282143013ef.jpeg

20180428220031240.jpeg 


尾道はしまなみ街道の関係上、サイクリングが盛んで、下のような場所で自転車の貸し出し、洒落乙なカフェ、さらに宿泊もできるという、観光客バッチリな受け入れ態勢ができております。
2018042822011817c.jpeg

201804282206442d4.jpeg 


お気づきでしょうか??

今までのブログで写真が一番多いことに。


そうです、尾道に一目惚れってやつです。

普段写真をあまり撮らない自分の手が勝手に動き、携帯のシャッターを切っている。

普段女の子に対して内気な自分が、ガンガン質問攻めをしてしまうようなものです。

「あれ??自分ってこんな一面があったんだっ!!」ていうあの新しい発見。


茶番はさておき、尾道のエリアに入った瞬間、不思議なことに「ここ好きだ」って本当に感じてしまったんですよね。

前回のブログで言っていたいい湯加減がここにありました。


この日は平日で商店街にも人は少ないんだけど、商店街が死んでない。
そして入ってみたくなる店が多い。

美輪さんみたいにオーラが見えるとかじゃないけど、いい空気感が流れてる。

四国とのつなぎ目ということもあり、人の出入りが多いいから、人の循環によって新たな刺激をもたらしてるのかな。


さらにこれからGWシーズンに入って、きっといい賑わい方をするんじゃないだろうか。

人も場所も第一感覚は大事。


今日はちょっと気になっているお店で一杯だけ飲みたいと思ったけど、また尾道は四国周って戻ってくるので、その時にお預け。



だから今日は港で、、、

一本いかせて頂きます!!


圧倒的至福!!!

本日は浜の見える公園で寝させていただきます。


船の汽笛が心地よくテント内に響いていた。

 




皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル



【 2018/04/24 21:03 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

晴れの街

4月21、22日 日本一周自転車御礼旅 in兵庫&岡山(7県目) 
17、18日目 晴れ 現在 横浜〜830km 

東京までのタイムリミット 60日


昨日は野営地を探したがなかなか見つからず、潰れたパチンコ屋の駐車場でテントを張った。

静かで少し不気味な雰囲気を醸し出していて、久々に少し怖かった。

子供の時廃墟とかよく友達と忍び込んで、怖がる友達をよそ目に怖くないフリしてました。

本当は内心おしっこ漏らしそうな程怖かったですが。。

今になっても基本的には怖がりです。


朝、アスファルトの地面の硬さの居心地の悪さで起床。


こんな状態で寝てて身体大丈夫??と連絡頂ける方ありがとうございます!


身体は大丈夫じゃないです。


嘘です。


大丈夫です。


ただ正直、疲労はあまりとれないし、ベストコンディションにはなりません。


でもそれがいいと思っています。


コイツ一体何言ってやがる??っと思った方、そうなんです。


ただのドMなんです。


この旅始めた時は色々な現状もあり、基本的に野宿はしないと決めていたんですが、途中からなんかヌルイなと感じ始めて、そしてそのヌルさが旅の感覚にまで影響し始めてきたので辞めました。


良いお湯に浸かっていると出たくなくなるのと一緒で、安全な状態にいると、自分自身がダメになると感じたからです。


まだ何を言っているか分からないと思いますが、刺激があるから感性も鋭くなるというか、、、。


うーー言葉は難しい。


とにかくこういう旅のスタイルがやはり自分には合っているんだなと。


もちろん、無茶はしすぎません。

駄目だと思ったらちゃんと室内で休むし、これから出会った人達のご好意で泊まらせて頂くこともあるかもしれません。

室内って表現。


ってかもうそりゃ室内で休ませて頂いたら、そりゃもう大変嬉しいっていうかなんていうか、最高です!!!


どっちやねん。


とにかく無理はせず、本来のやるべきことを忘れず、チャレンジしていくことはしていこうと思います。



ということで自分の感覚を言葉にするのは毎回思うんですが難しいですね。

さぁ本日は岡山へ。

こっからは本当に自分が行ったことのない未知の領域になってくる。

思い返してみると、日本に長年住んでて自分が行ったことのある県は十数県、おそらく全体の3分の1も満たない。

日本に住んでて全県行ったことのある人なんて、もの凄く少数だと思うけどせっかくだから周りたい。ただいかんせん自転車なので本当に大雑把な周り方にはなってしまいますが。


そして自分、観光名所に興味がないみたいな言い方しましたが、決してそういう訳じゃないんです。

人がいすぎる場所があまり好まないだけなんです。

このいすぎるっていうのがポイントだと思います。


多すぎず少なすぎずあまりいない方が好むのかもしれません。


人が多すぎる場所ってその場所自体の存在を消してしまう気がするんですよね。
場所ありきというより人ありきになってしまう。

自分の意識の問題だと思うんですが。


いい湯加減ってやつが重要なんじゃないかな。贅沢ですね。笑



話は戻りますが、これ自転車で一つの県の各所回ってたら、2、3年かかるんじゃないかな。

また時間にゆとりができたら周ると思います。


その時は絶対自転車!!!



っな訳がない!!!!!!!!


ゆっくり公共機関を使いたいと思います。


改めて岡山へ!!!


自分が直感で気に入った場所は写真に収めるようにしています。

201804272139274bc.jpeg 


20180427213959e71.jpeg

そして岡山県に入り、岡山市の銭湯へ!


目的地に着いたら、銭湯に入るというのがルーティンになっている。


20180427214044b79.jpeg


入浴後は岡山駅周辺を探索。


青春感謝像。
20180428200338904.jpeg


岡山駅近くにある西川
20180428200230253.jpeg


この西川の両隣は飲み屋街となっていて、小洒落た店から、大衆居酒屋などもあり、老若男女問わず幅広い年齢層の方達がいて、賑わっていた。

この通りはもう一回来てみたいな。


とてもムーディーな雰囲気もありカップルの方達とかもいいと思います。


岡山は今まで一回も来てなかったんだけど、ちょっと気になっていた場所だった。


岡山は日本で一番降水量が少なくて有名で、またの名を「晴れの街」ともいう。

派手さはないけど、均整のとれた街並みで、ゆっくり過ごしたいという方には最適かもしれない。


是非、晴れの日に。




皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯

俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル


【 2018/04/23 21:00 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

黄昏時

4月20日 日本一周自転車御礼旅 in兵庫(5県目) 
16日目 晴れ 現在 横浜〜650km 

東京までのタイムリミット 62日

昨日寝たのが深夜3時。
今日は8時出発予定。

現在9時半。見事に遅刻。

諸々準備をして10時半出発。

ハルは仕事が遅番でまだ家にいたので、見送りにもきてくれた。


ハル、ありがとう!!

さぁパワーも貰って張り切って行きまっしょい!!


本日目指すは姫路!!天気も晴れだし、絶好の漕ぎ日和!

20180426223401197.jpeg 


神戸!!

自分は横浜出身なんだけど神戸はよく横浜に似ていると言われるので、狭い範囲だけどぐるりと一周。
確かに横浜と似ている港町の雰囲気はある。

なんとんく雰囲気にのせられて肉まん食いました。

ちなみに自分、横浜中華街一回も行ったことありません。
そんなもんです。
だけど横浜の方が人はすんごいです。


そして毎度お馴染みミニシアター訪問。

20180426223433f0c.jpeg 



商店街の中にある築8年の神戸のミニシアター・元町映画館。
支配人はいなかったものの常駐スタッフの方とお話しさせて頂きました。
20180426223502701.jpeg


ミッションクリア!!

20180426223547411.jpeg 



自転屋漕いでる時にこの旅の日程を改めて計算。

8月に製作した映画の試写会のため、準備がある7月の1日までには戻りたい。
なのでそうなると期間的に東北、北海道は厳しくなる。
なのでこっから四国、九州の鹿児島まで行って太平洋側を回って、東京に期間する流れになります。
幸いにもというのは変だけど、東北・北海道にはクラウドファンディングでご支援して頂いた方はいないので。


あれ??日本一周じゃないのと思われた方、試写会終了後、期間を探って北もしっかり攻たいと思っています。

スタートしてみると当初自分が計算してたペースでは厳しいということで、物事は計算通りではいかないということを受け入れ進んでいかないとということで。

ただそれでも結構厳しい気がするので、一番上にタイムリミット表を設けて、自分を鼓舞しようと今日のブログから表示しています。

20180426223654042.jpeg 


そして明石海峡大橋!!

ちなみに四国に渡る方法は以下の3パターン。

・明石海峡大橋(神戸)
・瀬戸大橋(岡山)
・しまなみ街道(広島尾道)
20180427202017441.jpeg 
車ではもちろん上の3パターン全て全て可能なんですが、自転車ではしまなみ街道は行けるという情報しか知らない。

効率のいい周り方だと明石海峡大橋か瀬戸大橋から入って、四国を周り、しまなみ街道使って九州に向かうという生き方が理想。


一応確認で明石と瀬戸に電話をしてみる。


がやはりダメ。


目の前にすぐ四国に渡る橋があるというのに。


というかこの明石海峡大橋は実際に生で見ると圧倒されるな。

自分の想像していたスケールを超えてきた。

四国まで伸びるその立派な橋は、まるでファンタジーの世界へいざなう入り口にも感んじられた。

これを人の手で作られたんだからすごいよな。

一番下から見る頂きは果てしないものだと思うけど、地道に一歩一歩登って近づいて行くと現実に見えてくるってやつかな。

この橋渡ってみたかったなぁ。

高所恐怖症なんですが。

まぁ焦らず、しまなみ街道から行きまっしょい!!


201804272004275a0.jpeg 

黄昏時(たそがれどき)

日が地平線に沈む前の瞬間。

映画「君の名は」で出てきたやつですね。

ちゃっかり君の名は好きです。

でもこの瞬間は前回のアメリカ旅の時から、一日の中で一番好きな風景だった。

一日の終わりを告げる風景。

その日はどんな日だったかをこの時間帯になると、思い返す。
冷静に、時には感情的に。


まさにたそがれってやつですね。笑


あと何日、自転車を漕いだ後のこの風景を見れるかな。


20180427200504704.jpeg 

ということで予定していた姫路に到着!!!


本日は野外フェスで。



皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル



【 2018/04/22 21:00 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

生徒会長と副会長

4月19日 日本一周自転車御礼旅 in大阪(5県目) 
15日目 晴れのち雨 現在 横浜〜600km 


きのうの雨も無事上がり、これから兵庫へ。

さらば大阪。
201804251946002ca.jpeg 



そして兵庫へ行く前に自分のよっておきたい場所へ


大阪ミニシアター・シネ・ヌーヴォ
20180425194527985.jpeg 

支配人はいなかったんですがご挨拶をしたら名刺頂きました。


次は天劇キネマトロン

カフェと併設された手作り感溢れる映画館。

201804251946460b7.jpeg 


最後に第七藝術劇場。

中々ディープな商店街にありますい。
シアターセヴンという映画館も縦並びに違う階にあります。
こちらの劇場の方ともお話しさせていただきました!

20180425195627f42.jpeg 



大阪はやっぱりミニシアターが東京の次に数が多い。

大阪のミニシアターも一通り回れることができたので、目指すは次なる県、兵庫!!

兵庫は中学時代の友達がいるので連絡を取り合って合うことに。

20180426213244c9e.jpeg 

西宮突入!!
20180426213523433.jpeg

元高校球児なんで、つい撮っちゃいました。
2018042621355857a.jpeg


そして夜23時になり、久々の再会!

20180426213649013.jpeg 

同じ中学の友達のハルと言います。

このブログのタイトルにも書いてあるんですが、自分達、中学校の生徒会の生徒会長と副会長。
自分が生徒会長でハルが副会長。

ウケる。


そしてハルと一緒に軽く居酒屋へ。

久々と言っても去年の同窓会で会っているので役1年ぶり。
でも二人でちゃんと話すことはできなかったのでちゃんと話すのは15年ぶり。

話せてよかったなー。

ハルは今は兵庫を拠点に活動していて、大学から京都にいるので12年こっちに住んでいる。
だからもう関西弁が染み付いている。でも自分はエセ関西弁。
ハル、堂々とエセ関西弁を使ってすまん。きっとイライラしたことでしょう。

そう、そんなエセ関西弁をてくれるハルは本当に優しい人です。

お互い違う仕事をしてるけど、共通してることは沢山あるし、それになにより嬉しかったのは、今ももがきつずけてること。現状に違和感を持ちもっと何か可能性があるんじゃないかと模索してる姿はやっぱり素晴らしいと思う。

お互いもがき続けてこう、ハル。

ハルの愉快な仲間にも会えたし、違う土地で頑張ってる姿見て、パワー頂きやした!!!


今日はハルの家に泊まらしてもらうことに。


あー人がいる家はやっぱり落ち着く。




皆川暢二(ミナガワヨウジ)とは?


俳優・映像製作プロデュース・自転車旅と三足の草鞋を履いて現在活動しています。

1、映像・CM・舞台での俳優活動。
2、自身で立ちあげた映像製作団体OneGooseの作品プロデュース
3、ライフワークである自転車旅

映画製作の経緯
俳優として活動をしている中でふと、気づいてる内に受身になっていることに違和感を覚え、自分から発信して物作りをしていきたいと思い、2017年、同じ志を持ったメンバーでOneGooseという映像チームを発足。短編映画、アクションMVなど、自分達でアイディアを出し、それを実際に映像化して作品を作りあげようという団体。
2018年2月長編映画「melancholic」を撮影。8月都内試写会、そして全国各地での映画館上映を目指して、自身が動いています。
そして現在クラウドファンディングのリターンとして、ご支援、応援してくれた人に対して、各地を回っています。

*OneGooseの作品については下記のリンクからご覧下さい

 
自転車旅の経歴

アメリカ大陸自転車縦断&横断 9000km(2014年5月〜8月)
カナダ・バンクーバーからスタートして、自転車でカナダ〜アメリカの国境を渡りシアトル、ポートランド、サンフランシスコ、ロサンゼルスまで縦断して、そこから真反対のニューヨークまで内陸を渡りきり横断。
台湾自転車縦断(2017年2月)
台北からスタートして台湾の南湾まで。この時は友達と2人で縦断。
日本一周自転車御礼旅(2018年4月〜現在進行中)
 *皆川暢二のプロフィール・俳優としての過去の出演作品、そして現在リタルタイムでの自転車日本一周のインスタ、Twitterに挙げてますので是非チェックしてみて下さい。

 直接何かありましたらメッセージも是非待ちしています😄
⬇︎⬇︎⬇︎

皆川暢二ホームページ

instagram

twitter 

OneGooseチャンネル




【 2018/04/21 08:03 】

西日本自転車旅  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫